カテゴリー「過去の活動履歴」の10件の記事

2014年10月16日 (木)

2013 鶴見病院祭~2回目の出演~  byふみよ

ふみよです(*゚▽゚)ノ

2012年に引き続き、2013年今年の秋にも「大分県厚生連鶴見病院」様から、鶴見病院祭での演奏のオファーをいただきました。

P1020284

今回は上記メンバーに加えて、またもやしょうこ先生に賛助出演をお願いし、30分のステージで演奏させていただくことにnote

Kimg0341_3   

こんな風に、病院祭のパンフレットにもしっかり載っていますsign01

一年前に引き続き、たくさんのお客様がおみえになっている中で、
ふるさと、
夜明けのスキャット、
少年時代、
リベルタンゴ、
やさしさに包まれたなら、
花は咲く、
等を演奏させていただきましたnote

フルートパートの佳祐さん、バイオリンのまき先生が出演できなかったのですが、そのパートはしょうこ先生が演奏して下さったため、夢色音楽祭のレパートリーをそのまま使うことができました。
森さんに叩いてもらったカホン、屋外では特にリズム楽器があることによって演奏がひきしまったのではないかと思いました。
森さん、これからもオカリナだけでなく、カホンの練習、よろしくお願いします(笑)good

終了後は、これまた一年前と同様、病院様側からお祭りの食券をいただきましたので、楽器を早々に片付けて(笑)、後のイベントを見ながら食事も楽しませていただきました。
上の集合写真、みんなが笑顔なのは、演奏が終わって「さぁ、今から食べるぞぉ」という気持ちだったからのような気がします。

これからも、こういう賑やかな場所で演奏させていただくために、皆様がよく知っている楽しい曲のレパートリーを増やしていきたい、と決意したポラーノメンバーでしたnotes


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2014年10月15日 (水)

2012 鶴見病院祭 ~「ポラーノCa.」誕生~  byふみよ

ふみよです(*゚▽゚)ノ

今年も演奏のオファーをいただいた鶴見病院祭。
過去2回の様子を私からお伝えしますhappy01

第1回目の出演は2012年の秋。
夢色音楽祭の1週間後に演奏させていただきました。

私たちと同じしょうこ先生門下の女性のお知り合いの方から「演奏してみませんか?」とありがたいお声をかけていただいたのです。

演奏の機会を増やしたいなぁと思っていた私たちには嬉しいオファーshine
ちょうど夢色音楽祭のために練習してきた曲もあるし、
やってみたいなぁ、出来るかなぁ、と思いながらキヨシ師匠にすぐ連絡したところ、
なんと、
頼りのキヨシ師匠が
オレ、バトミントンの試合でその日、大分におらん」
と・・・down
注:「おらん」=大分弁で「いない」の意(笑)

大ショックsweat01でしたが、他のメンバーと相談したら、キヨシ師匠不在でも頑張ってみたいということになり出演を決意punch
キヨシ師匠不在で「ポラーノ」の名を語っていいのか・・・、と考え、思いついたユニット名が
「ポラーノCa.」
「Ca.」は音楽記号で「約、およそ」の意味、楽譜に「四分音符=60Ca.」などと書いてあるあれです。
ちょうど直前のレッスンでしょうこ先生からこの意味を習ったばかりだったので早速使わせてもらいました。
これが「ポラーノCa.」誕生秘話です。

「ポラーノCa.」は
しょうこ先生(賛助出演)、フルートNさん、に加え、現在のポラーノのピアノ担当みわこさんに「歌」で加わってもらい、キヨシ師匠はいないものの「だいたいポラーノ」、のメンバーで、楽しく30分間のステージで演奏させてもらいましたnote
キヨシ師匠不在で心配だったMCはピアノのみほさんが心のこもったトークで担当して下さり、一安心happy01

Photo_2

大きな病院だし、たくさんのお客さんが来るんだろうなと想像はしていたのですが、当日ステージ前を見てびっくりsign01
想像以上のたくさんのお客様sign01
皆様、演奏を聞いて下さいましてありがとうございました。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2014年2月13日 (木)

2012 アフターファイブコンサート byふみよ

ふみよです(*゚▽゚)ノ

過去の演奏活動をご紹介します。
今回は2012年6月19日(火)に出演させていただいた「iichiko総合文化センター アフターファイブコンサートVol.65」です。

(iichiko総合文化センタースタッフの方のレポートはこちら

これは私たちが通っている楽器店の「大人の音楽教室の講師陣と生徒たち」として出演させていただいたコンサートです。
ポラーノメンバーのキヨシ師匠、まさよさん、ゆみさん、あっこちゃん、私と、豪華指導陣のしょうこ先生、狩生先生、甲斐先生での出演でした。

Photo_4

場所はiichiko総合文化センターのアトリウムプラザ。

そうです。
いつも、音楽教室の発表会や、夢色音楽祭など、私たちの演奏を聞きにわざわざ足を運んでくださった方の前で演奏する「ホーム」ではなく、一般の方々が「あれ?何かやってんの??」という雰囲気で通りかかる「アウェイ」での演奏・・・。
曲目は「踊り明かそう」「雨の日は月曜日」。
私たちポラーノフルートチームは、講師の方々の落ち着いた演奏やトークとはうってかわってアウェイの雰囲気に飲まれてしまいかなり緊張した演奏となりました。

Photo_5

が、ポラーノオカリナチームのキヨシ師匠とまさよさんは、フルートチームとは違ってかなり落ち着いた演奏。
楽器紹介ということで、キヨシ師匠もまさよさんもソロを披露するシーンがあったのですが、ふたりとも立派shine
堂々たるもの、でした。

Photo_3

フルートチームとしては、とにかく「アウェイ」で演奏することの難しさを痛感したいい経験でした。
道行く人に足を止めてもらうためには、やはり演奏がうまくなることpunch
フラリと通りかかった方々の耳に優しい素敵な演奏ができるようにこれからも頑張ろうと奮起させてもらったコンサートでした。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2014年1月16日 (木)

一年半前の「ルミエールと100人の仲間たち」 byゆみ

ゆみです。

1月19日のルミエールフルートオーケストラ本番が目前に迫ってきましたshine

今回、私は合同レッスンになかなか参加できず、ふみよさんのレッスン報告を元にひたすら自主練punch

今回が2回目となるルミエールフルートオーケストラですが、第1回目は2012年6月にiichiko音の泉ホールで行われましたnote

演奏した曲は
「ハレルヤコーラス」
「ジブリメドレー」
「日本の四季メドレー」
の3曲。
Kimg0508
(当日の演奏を収録した思い出のCDです。)


指揮はオーボエ奏者の高田喜夫先生。
4月に合同レッスンが始まり6月の本番までの3ヶ月、高田先生はとても熱く指導してくださいました。
ご指導のわかりやすさは言うまでもありませんが、レッスン中に何度も
「私はオーボエ吹きだから…」
「オーボエ吹きの私が…」と、口にし、
オーボエへの熱い気持ちが伝わり…、「高田先生のオーボエ聴きたい!!」という気持ちが私の中に芽生えてきたものですhappy01

実際、フルートオーケストラ以降、
「高田先生が出る」という情報を入手したら、ふみよさんとひたすら通い、すっかりファンになりましたnote
(ルーテル教会・音の泉ホール・安養寺での演奏会などなど)


さてさて、第1回目ルミエールフルートオーケストラ…めっちゃ楽しかった記憶だけが鮮明に残っていますheart01
フルート・ピッコロ・アルトフルート・バスフルート…重厚な低音のバスフルートから高音のピッコロまで100本のフルートの音が美しく重なり、その中で吹くたびに感動でゾクゾクしました
未熟な私も何となく吹けてるような嬉しい錯覚に陥りながら本当に楽しく演奏しましたsign01
この時はコントラバス(弦)も入ってくださり、曲をしっかり支えて、そして、盛り上げてくれましたsign03

お客様もたくさん入ってくださり、快感lovely


さあ
今年は、曲も前回の倍以上の8曲sign01
難易度もかなりアップup


楽しく演奏できるように…
そして何よりグランシアタに足を運んでくださる方たちに「来て良かった」と思ってもらえるように、あと数日、注意ポイントをしっかり確認しながら練習しようscissors


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2013年12月 9日 (月)

待望の大型ベテラン加入 ~2013 第6回大分夢色音楽祭~ byキヨシ

そして、2013年、今年の夢色音楽祭です!

P1020247

年々審査(夢色事務局による音源審査)が厳しくなっている中、より良い音源を録音しようと何度も何度も録音しました。

オカリナチーム単独の演奏が納得いくまで、テイク23というこだわり。
その甲斐があってか(苦笑)、今年も無事に出演が決定しました。

「出演決定してから練習会場を押さえるとなると厳しくなるから。」と事務局のふみよさん、決定前から練習会場を押さえていました。
さすが!!

今回、ポラーノの演奏を全面的に支えてくれているピアノの美穂さんが、「地区の役員を仰せつかり当日お祭りがあるから参加できません。」とのこと。
一同えらいこっちゃの大騒ぎ。ミルクを入れないコーヒーどころか、粉すらも無い白湯状態。味も素っ気も無い演奏となりそうな危機感を救ってくれたのは、2012年鶴見病院祭で歌声を披露してくれた美和子さんでした。

そして、オカリナにも新たにMさん(男性)(写真一番右)が加入しました。
P1020249
オカリナを十数年前から独学で始めたが、基礎からきちんと学びたいと音楽教室の門を叩いた方です。

基礎を学んだ彼は、まさに水を得た魚のよう。
昨年音楽教室のクリスマス発表会での堂々とした彼の演奏に聴き惚れ、夢色に誘ってみたところ快く引き受けてくれました。

彼の演奏は、ピッチ・リズムがとても正確で、頼もしい存在となりました。

更に、フルートは仕事で参加できないあっこちゃんに変わって伊藤さん(写真一番右)が参加!
P1020268
高校~大学時代に吹奏楽でフルートを担当していたさわやかなイケメン!!
とっても上手です。
「リベルタンゴ」も「花は咲く」も、見事にあっこちゃんのパートを代奏してくれただけでなく、「カノン」のバイオリンとの二重奏も吹いてくれました。

仕事やプライベートで日程調整つかないメンバーがいる中で、新たに参加してくれるメンバーと次々と出会えるのは嬉しい限り!

会場の響きもとてもオカリナ・フルート向き。

演奏していてもとても気持ちのよかった2013年でした。

2013年12月 8日 (日)

バイオリン初加入 ~2012 第5回大分夢色音楽祭~ byゆみ

続きまして2012年。

フルートチームが加わって3回目の夢色音楽祭note
私にとっては2回めの夢色音楽祭note
フルートチームの「よしこちゃん」が仕事で不参加sweat02
フルートチーム、3人でがんばるぞsign03

場所は竹町ドームnote
にぎやかで人通りも多く、テンションのあがる場所でしたnote


P1010853

私たちの前の出演者がすごいインパクトのある団体だったのが印象的…

…で、私たちは…
ナントsign03
この年から、フルート・オカリナ・ピアノに加え、バイオリンが加入sign03

フルートとバイオリンでエルガーの名曲「愛の挨拶」を演奏するということでエレガントな衣装でキメてみました(*^.^*)

P1010847

ちなみに…この年に演奏した曲は…

1.ふるさと(全員)
2.アルプスの少女ハイジ(オカリナ)
3.いつも何度でも(オカリナ)
4.日本の四季メドレー(オカリナ)
5.愛の挨拶(フルート+バイオリン)
6.トップオブザワールド(フルート)
7.少年時代(フルート+バイオリン)
8.アベマリア(バイオリン)
9.見上げてごらん夜の星を(全員)
アンコール.小さな世界(全員)

場所にも恵まれ、たくさんの方々が聴いてくださり、気持ち良かった~note


いつもイベントの後には反省会(打ち上げとも言う)で盛り上がる『ポラーノ』note
この日も「カノヤキッチン」で、盛り上がりましたnote
チームワークは大事ですnote

あっ…もちろん練習も大事ですsign03


byゆみ

2013年12月 7日 (土)

ポラーノパーカー登場 ~2011 第4回大分夢色音楽祭~ byあっこ

引き続き2011年の夢色音楽祭の振り返り。

私、2回目となる『夢色音楽祭』です。

P1010618_2 

曲は全部で10曲。
順に…
noteアンパンマン(全員)
note海の見える街(フルートあっこ+オカリナ)
noteこの広い野原いっぱい(フルートゆみさん+オカリナ)
note小さい秋みつけた(フルートふみよさん+オカリナ)
noteカノン(フルート)
noteキツツキポルカ(オカリナ)
note英国の兵隊さん(オカリナ)
noteオードリーヘプバーンの映画挿入歌「踊り明かそう」(フルート)
noteコンドルは飛んでいる(フルートよし子ちゃん+オカリナ)
ラストは
note見上げてごらん夜の星を(全員)
でした。

この日は風が強く、演奏途中で譜面台が倒れるというアクシデントが発生typhoon

アンコール曲までいかなかったことを覚えています。
しかしながらキヨシ師匠のMCはこういった予定にないことに対してもきれいにうまくまとめて笑いもとる( ̄∀ ̄)

毎回うまいなぁと思うのでありますo(^-^)o

自分たちの音に対しては…
この年に楽器を新調してまだ馴染んでおらず吹きにくかったのを覚えています。

また、この年は、私あっこが「ポラーノメンバーパーカー」の作成を担当しました。

20131130123417_deco

ピンク~赤~オフホワイト~グレイなど約10着作成。
ポラーノのマスコットキャラクター(今話題の非公認キャラクター笑)“ポラーノちゃん”を胸元にあしらい、全体的にカジュアルな衣装合わせとなっております。

この年もいろいろと新しいことにチャレンジした年でした☆

次の年の夢色ご紹介はゆみさんですo(^-^)o

バイバイ( ~っ~)/
byあっこ☆




2013年12月 6日 (金)

「ポラーノ」が現在の形に ~2010 第3回大分夢色音楽祭~ byふみよ

「フルート・ふみよ」ですヽ(´▽`)/

2010年の大分夢色音楽祭は、ポラーノが「フルート・オカリナアンサンブル」として新たにスタートした記念すべき第1回目です。

Photo
オカリナ5名、フルート3名、ピアノ1名の総勢9名!
フルートは4名フルメンバーの予定でしたが、当日ゆみさんが仕事の都合でドタキャンせざるを得ず、急遽パートを入れ替えての演奏でした。

新規加入のフルート3名は、
フルートの妖精heart01つちや(あっこ)です。」
フルートの女王heart01あべ(ふみよ)です。」
フルートのエンジェルheart01のだ(よしこ)です。」
と、自己紹介しています(笑)。

曲目は
1.浜辺のうた(全員)
2.ホール・ニュー・ワールド(フルート)
3.チキチキバンバン(オカリナ+フルート)
4.イエスタディ(オカリナ)
5.トップオブザワールド(オカリナ+フルート)
6.となりのトトロ(オカリナ+フルート)
7.イン・ザ・ムード(フルート)
8.汽車ポッポ(オカリナ)
9.BELIEVE(全員)
10.鉄腕アトム(全員)

今、演奏するより、どの曲もかなりテンポがゆっくりで初々しいcatface

衣装は全体的なトーンが揃うように、あっこちゃんが中心となりセレクト。
スカートとかロンT、みんなでユニクロ(笑)に買いに行きました。

P1000913

P1000921

演奏終了後、夜はこのメンバーでしょうこ先生のおじさんが経営するライブハウスで打ち上げbeer
Sn3j0142_2

打ち上げには参加ドタキャンをせざるを得なかったゆみさんも登場shine
改めて演奏もさせていただきました。
飲むだけではなく、常に復習&練習を繰り返す私達shine立派shinehappy01


演奏の出来はさておき(笑)このイベントの楽しさにすっかり魅了されたフルート組!
これからも是非オカリナ組とともに「ポラーノ」として参加したいと心に決めたのでありました。

byふみよ

2013年12月 5日 (木)

スカボロボロフェアー ~2009 第2回大分夢色音楽祭~ byキヨシ

さて、2009年。第2回の夢色音楽祭です。

2009

新メンバーに、池さん(オカリナ)、美穂さん(ピアノ)が加わりました。池さんは、「私は人前であがったことが無い。」というとてもバイタリティー豊かな方。

美穂さんは、とても控えめでおとなしい方だと思いきや音楽に関しては勉強家で、後に編曲の勉強のため芸短大に入学した方。こんな心強い二人と合同練習をして、第2回の夢色音楽祭に出演♪

Photo

演奏場所は、竹町ガレリアアーケード内の中華料理『一葉』さんの前アーケード内なので、音の響きがオカリナには、とてもマッチしている。

演奏曲は、三重奏、二重奏、独奏と昨年に比べレパートリーもかなり増えた。本番前の練習で、上手く行き過ぎた『スカボロフェア―』は、私が序盤リズムを外し最後まで修正が出来ず、『スカボロボロフェア―』になってしまった思い出が蘇る。。。この回から衣装に工夫を凝らし始めたのである。

つづく byキヨシ

2013年12月 4日 (水)

ポラーノの前身「ミドリ」誕生 ~2008 第1回大分夢色音楽祭~ byキヨシ

オカリナを始めて間もない頃、先生から「10月に夢色音楽祭っていう演奏会があるから出演しましょう。」
怖いもの知らずと言うか無謀と言うか、とにかく出演の応募をしました。

グループ名『オカリナアンサンブル「ミドリ」』
ミドリの名前の由来は不明。
オカリナ演奏者は、2名。
ピアノ伴奏者は、音楽教室のピアノの先生。
演奏場所は、サンサン通りのカラクリ時計横

2008top

何せ人前での初演奏、緊張のあまり息が震えて自然ビブラートが((・(ェ)・;))♪
音楽教室のピアノの先生の素敵な伴奏のおかげで、なんとか曲になりました。

2008

しかし、持ち曲3曲しか無いのに、持ち時間は40分(@Д@;
自己紹介やオカリナの紹介などトークをするにも限界が・・・
最後の手段は、オカリナの先生にヘルプ。
見に来ていただいた方に、本物のオカリナの音色をお届けすることが出来ました。

ここから夢色音楽祭への道が始まります。
今後どのようになっていくかは、お楽しみに^^v

つづく
byキヨシ