« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月21日 (木)

アルテでレッスン byゆみ

ゆみです

3月…

地に足がついていないような毎日を過ごしている気がしますが…

それでも目の前のことはおろそかにしないで、ていねいに生活をするようにしている…つもりです

さあ

月曜日のレッスン

基礎力低下防止のため、アルテでみっちりレッスンしていただきました

この日は、C durの基礎練から開始…

ロングトーン〜スケールアルペジオ〜音階準備練習…etc

C durということは、低音のドから最高音のドまで…

最高音のドの運指…覚えていました

しょうこ先生も「覚えていましたねぇ」とびっくり(笑)

音階準備練習は、スラーの形、スタッカートの形、スラーとスタッカートの組み合わせ…など、4つのパターンで吹いていくのですが、私はスラーの形が吹きにくい

この日はメトロノームを使いながら、均等に音を出しながら吹く練習

均等にリズムを刻むのは意外と難しい…

高音のラ・シ・ドと運指そのものに不慣れだとメトロノームは全く無視…

メトロノームの音は聞こえてはいても脳からの指令がなかなか指に届かない…

基礎練習も丁寧にすると奥が深い

久しぶりにアルテだけでレッスンしていただいた月曜日でした

しょうこ先生と一緒だと基礎練習も楽しい

Img_9937


Img_9938


(ふみよ追記:ゆみさん、自撮り特訓挑戦中(笑)。「どこをみればいいんですかぁ?」と視点の定まらないしょうこ先生の図、です








最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年3月20日 (水)

吉丸一昌音楽祭 byゆみ

ゆみです

臼杵市出身の作詞家 吉丸一昌さんの記念コンサートが開催されました

Img_9939


一部では、臼杵市の2つの保育園園児や臼杵市の混声合唱団、女性合唱団がそれぞれきれいな歌声を披露

二部は、小林道夫さんと大分チェンバーオーケストラのステージでした

Img_9940


有名な「早春賦」はもちろん、その他吉丸一昌作詞の名曲を聴かせていただきました。

臼杵市の保育園園児が歌った歌の中に「木の葉」という歌があったのですが、これは私が勤務する保育園でも秋になったらよく歌っている歌

たた、これが吉丸一昌さんの作詞によるものとは知らずに歌っていました

瀧廉太郎さん、吉丸一昌さん…

大分出身の素晴らしい作曲家、作詞家の方々の作品をもっと知って少しでも後世に伝えていけたら…と思いました。

このコンサートの日は、朝からすごい土砂降り

大雨の中、たくさんのお客さんが訪れ、吉丸一昌さんの作品を楽しまれていました。









最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年3月19日 (火)

東日本大震災復興支援「祈りの大コンサート」3日目… byゆみ

ゆみです

3日間にわたって行われてた東日本大震災復興支援「祈りの大コンサート」

3日続いて聴きに行くことができました

Img_9934


最終日は3月11日…

出演は、アンサンブルルーチェの皆さん

「東日本大震災復興支援コンサート」のために結成されたユニットで…

日頃は、県内外で活躍されているプロの演奏家の皆さんで構成されています

今回出演されたのは…

フルート…成清愛先生、橋本真紀先生
オーボエ…高田善夫先生
トロンボーン…安部彰先生
ソプラノ…吉良千春先生
ソプラノ…田村佳奈先生
メゾソプラノ…愛甲久美先生
テノール…渡邉和弥先生
ピアノ…渡邉麻実子先生


他にもメンバーの方はおられますが、この日に演奏されたのは上記の先生方でした。

3月11日…

最終日…

この日は会場に宮城県でNPO法人のんびーりすみちゃんの家…という託児所ならぬ…託老所を運営されているご夫婦が来られていました。

このご夫婦は、震災後アンサンブル・ルーチェが被災地を訪れて演奏した時から交流されているとのこと…

震災後、毎年このコンサートに足を運んでくださり、東北の様子を映像とともに語ってくださっています。

1部は、アンサンブル ルーチェの皆さんによる演奏…

オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」より〜間奏曲
バレエ組曲「くるみ割り人形」より〜葦笛の踊り〜トレパック」
ふるさと
川の流れのように
愛燦燦
群青
オペラ「椿姫」より〜乾杯の歌

感動的な演奏と歌声に拍手が鳴り止みませんでした。

ホントに素晴らしかった

2部は、のんびーりすみちゃんの家の代表、伊藤壽美子さんによるお話がありました。

あの震災を経験しながらも前向きにひたむきに笑顔で歩き続けておられる姿に込み上げてくるものを抑えながら拝聴させていただきました。

終演後は、バザーとして販売されていた東北の海産物を購入して、感動いっぱいの気持ちのまま会場を後にしました。

出口で渡邉麻実子先生に「3日間、皆勤賞、ありがとうと言っていただきましたが、こちらこそ感謝です。

このコンサートのサブテーマ「3・11を忘れない」の言葉通り、「忘れてはいけない」と改めて心に刻みました。

Img_9936


写真はこのコンサートの開始前に行った「明日を灯すキャンドルプロジェクト」で点灯したキャンドルです。










最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年3月18日 (月)

楽譜のこだわり byふみよ

ふみよです(*゚▽゚)ノ

みなさんは楽譜へのこだわり、何かありますか?
こだわりと言っても、
ここではあくまでも、アレンジや内容のことではなく、楽譜という「紙」ベースのこだわり

音楽経験も技量も様々なポラーノメンバー、各自、色々なこだわりが出てきたようで観察してて楽しいです。

最近多いのが、楽譜を配布すると「音符が小さいと言われること(笑)
メンバーの加齢に伴い(笑)、小さめサイズで印刷すると音符が小さすぎて見にくいと
楽譜を譜面台に立てたら、楽器を持つ前に、メガネを探すメンバーが増えました笑
楽譜が良く見えるように、と、楽譜を見る時専用のメガネに変えるメンバーも

あと譜めくりがちゃんとできるのがいいと。
理想はきっとA4で2枚。A3で1枚。
これに収まらない場合は、休みの小節で譜めくりできる、という考慮ができているのがいいと。

楽譜を始めて配る時はスコアでして、、
スコアだとどうしても頁数が多くなり、
縮小印刷すると「小さい」

ポラーノ用の楽譜を作る時は、極力その辺を考えて作るように努力中です


私のこだわりは、
保管という観点からは、できれば全部電子化したい、ということです。
楽譜、どうしてもあちこちなってしまい、すぐに欲しい楽譜が見つからない時、ありませんか?
私はあります笑。

ま、それはさておき、「紙」でのこだわり、という点では
使用するマスキングテープです。

Img_9653


以前は、可愛いカラフルなマスキングテープを使っていましたが、
最近はもっぱら、無地
一番好きなのは薄いグレーですが、
白や、水色等、パステル系の薄い単色のものを使っています。

楽譜を見る時に邪魔にならないように
テーブの上から字が書けるように


というのが理由です。


文具屋さんや100均に行くと、無地のマスキングテープを必ずチェックして追加購入しています。
私にとっての必須アイテム、です

あ、楽譜を貼り合わせる時に、ゆがんだりずれたりせずに、キレイに仕上がるツール、どっかにないかな笑。
誰か発明して下さい



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村


2019年3月17日 (日)

「東日本大震災復興支援〜祈りの大コンサート」2日目… byゆみ

ゆみです

3月10日…

日本福音ルーテル大分教会で「東日本大震災復興支援〜祈りの大コンサート」2日目が行われました。

この日はヴィオラの知り合いが臼杵で開催される「吉丸一昌音楽祭」に出演するので、土砂降りの雨の中、臼杵市へ

聴きたい曲を聴いた後、途中で失礼してルーテル大分教会へ

一部の途中に間に合い、聴けないとあきらめていた知り合いが出る合唱団の歌声を聴くことができました

驚いたのは、ソプラノ歌手の関純子さんがピアノの弾き歌いで、イタリア歌曲等を歌ったこと

クラシックをピアノを弾きながら歌う…というのは極めて珍しい

素晴らしかったです

2日目は、合唱やソプラノ、テノールなどの歌がメイン…

ソプラノの草津小百合さんがキレイな高音を響かせながら歌い始めた時…

声の美しさにうっとりしながら「この曲知ってる気がする…」とボンヤリと声の美しさに感動しながら聴いていて…

え…ガブリエルのオーボエ


さらに耳を凝らして聴く…

そうだ

ガブリエルのオーボエだ

北海道の佳祐くんがよく吹いてくれていた「ガブリエルのオーボエ」

佳祐くんがフルートを吹いている姿を思い描きながら
耳を凝らして聴きました


「祈りの大コンサート」2日目は大雨の中でしたが、たくさんの方が訪れていました。


東北に思いを馳せながら拝聴させていただきました。





最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年3月16日 (土)

新日鉄住金定期演奏会 byゆみ

ゆみです

「新日鐵住金大分吹奏楽団〜第44回定期演奏会」に行ってきました

今回のゲストは、NHK交響楽団のフルート・ピッコロ奏者中村淳二さん

尾高尚忠作曲・黒川圭一編曲の「フルート協奏曲」で存分にフルートの響きを楽しませていただきました

中村さんは2部の「ポピュラーステージ」でも吹奏楽団に加わり、「西郷どん メインテーマ」では例の…あの…ピッコロを響かせるピロロロ…〜の部分では、あの音が聴こえ…   

「N響の…あの西郷どんの…あの音だ

と人知れず感動に浸りました

話変わり…

2部の途中に「曲当てクイズ」があり…

「これから平成名曲メドレーを12曲続けて演奏しますが、何曲、曲名を当てられるでしょうか?  プログラムの4ページに記入表がおりますので、皆さん挑戦してみてください」

というもの…

私は…

世界に一つだけの花〜どんな時も〜明日があるさ〜愛は勝つ〜負けないで〜⁇〜ラララ〜それが大事〜恋するフォーチュンクッキー〜U.S.A〜栄光の架け橋

と、1曲だけわかりませんでしたが他は正解

別に正解したといっても何もないのですが…(笑)

ちょっと真剣に聴きました

演奏会の最後は「花は咲く」をみんなで合唱

アンコールは再び、ゲストの中村淳二さんのソロで「アルルの女」

聴きごたえのあるアンコールでした

新日鐵住金は、4月から「日本製鐵」と名前が変わるとのことで、「新日鐵住金吹奏楽団」での演奏会はこの日が最後でした。

4月からは「日本製鐵吹奏楽団」として活躍されるのでしょう。

名前が変わっても新日鐵住金吹奏楽団の歴史は続きます。

新しい名前での演奏会も楽しみにしています









最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年3月15日 (金)

東日本大震災支援「祈りのコンサート」初日…

ゆみです

2011年3月11日に起きた東日本大震災から丸8年…

あれから毎年、日本福音ルーテル大分教会で「祈りの大コンサート」が行われています。

Img_9887

今年も3月11日が近づき、「祈りの大コンサート」か始まりました。

初日は3月9日土曜日…

15時から17時までと2時間のコンサートですが、私は遅れて途中の休憩時間に到着…

第九でお世話になったピアニストの渡邉麻実子さんが入り口でにこやかに手を振って迎えてくださり、遅刻の罪悪感を軽減してくださいました。

で…

一番前の席が空いていたので図々しくも「すみません」といいながら一番前の席に着席。

着席して間も無く2部が始まり…
2部のトップが「ストロベリー・タイムズ」というフルート、サックス、ギター、ピアノのアンサンブルユニットで、フルートは小野未希先生でした

「ストロベリー・タイムズ」が演奏したのは「糸」と「ホールニューワールド」の2曲。
もっと聴きたかったけど、その後に続くプログラムも
朗読
ゴスペル
ピアノ連弾
女声合唱

被災地の方々への精一杯のメッセージが込められていました。

一番前の特等席で東日本大震災の被災地された方々への心を込めた演奏をしっかりと聴かせていただきました。

朗読は「月の貝」という被災した女の子の目線で描かれた作品で、8年前、テレビで見たあの映像がはっきりと蘇り、胸が締め付けられる思いで聴きました。

私はテレビで見た映像ですが、あそこで普通に暮らしていた人々…

忘れちゃいけない…

と思いました。









最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年3月14日 (木)

「woodwind ensemble with piano」atルーテル大分教会 byゆみ

ゆみです

木管楽器とピアノによる演奏会に行ってきました

Img_9879


場所は響きの良い「日本福音ルーテル大分教会」

木管は…

フルート、オーボエ、クラリネット、ホルン、バスーン。

それにピアノが加わりました。

ジャック・イベール「三つの小品」
サン=サーンス「タランテラ」
カール・ライネッケ「三重奏曲イ短調」
フランツ・ダンツイ「木管五重奏曲」
ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」
プーランク「3つのノヴェレッテ」
プーランク「六重奏曲」

木管楽器の響きは何とも温かく六重奏であっても実に心地良く身体全体から音が入ってくるような感覚で楽しませていただきました

オーボエは…

我らがオーボエ…高田善夫先生

フルートはフルートオーケストラにも参加してくれているK・Kさん

個人的には「亡き王女のためのパファーヌ」が大好きで、それが聴けたことが何よりもうれしかったです

このメンバーでの演奏は初めて…だとか…

年齢も楽器もバラバラなのに、このように「木管六重奏しませんか?」の呼びかけで集まって一緒にコンサートをするってステキ

音楽っていいですね






最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年3月13日 (水)

今度のリクエストは寮歌 byふみよ

ふみよです(*゚▽゚)ノ

昨年、演奏のご依頼をいただいて初めてお邪魔したプライベート同窓会
小学校からの同級生である7名の方の同窓会。

嬉しいことに、今年も昨年と同様4月に開催される同窓会での演奏をご依頼いただきました。

私にとっては2019年、ひとつめの演奏本番です

さっそく、リクエスト曲をお伺いしたところ

昭和歌謡、演歌に混ざって、
旧制第一高等学校の寮歌
旧制第三高等学校の寮歌

というのが


ふぅむ
寮歌
ポラーノにとって新分野

さっそく、既成の楽譜がないか探してみましたが、
なかなか簡単には見つからず。。。。

ご依頼主様が電話口で歌って下さった記憶を頼りに、楽譜作成作戦開始

私は全く聞いたことのない曲でしたが、
えり子ちゃんのお母様も、私の母も、歌詞を明確に覚えてないにしても曲は知ってるとのこと。

こういう歌が流行っていたんだなぁ
どんな時代だったんだろうなぁ
ご依頼主様たちにはどんな思い出があるんだろうなぁ

と考えつつ、当日に備えて心を込めて準備をさせていただきます


そうそう。
別のイベントでは「股旅モノ」というリクエストをいただいておりまして、
これまたポラーノにとって新分野

こちらの演奏はまだ半年以上先ですので、ゆっくり準備していきたいと思います


いずれにしても
私が動画サイトで股旅寮歌を検索してばかりですので、
家族が「ふみよは一体なにを目指しているんだろう・・・」と不思議に思っていることは否めません。



新分野、頑張ります



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村


2019年3月12日 (火)

「岩下倫之先生と門下生による春のコンサート」 byゆみ

ゆみです

ふみよさんと私が応援している音大生の陸くん

今は東京の音大でフルートを勉強中

その陸くんの恩師が岩下倫之先生

今回「岩下倫之先生と門下生になる春のコンサート」が開催されました

Img_9872


陸くんは、昨年の3月も大分に帰省してお友だちのSちゃんと一緒にコンサートを行い、私たちにステキな演奏を聴かせてくれました

今回も早くに連絡をいただいて楽しみにコンサートの日を迎えました

ただ…時は、年度末の3月…

仕事の繁忙期であるため、開始時間には間に合わず、途中から聴かせていただきました

ふみよさんが確保してくれていた席に座り拝聴

出会った時から上手だった陸くんですが、さらに上達し続けています

ところで、コンサート…

第1部はソロの演奏…

これは残念ながら間に合わずに私は聞けませんでした(涙)

第2部のアンサンブルはたっぷり聴かせていただきました

門下生同士のアンサンブルだったり、岩下先生を交えてのアンサンブルだったり…

フルートだけだったり、ピッコロ、アルトフルート、バスフルートも含めたアンサンブルだったり…

フルート・フルート・フルート…

フルートたっぷり

いろんなフルートの演奏を堪能したコンサートでした

陸くんの他にもそれぞれの音大で学んでいる若手演奏家の方々もこれからが楽しみな皆さんでした

このようにステキに育っている門下生達との共演は、岩下先生にとってもこの上なく嬉しいことだろうと思われます

いつもやさしい岩下先生のお顔ですが、演奏の前後に目を合わせる時のお顔は、さらにやさしく温かい表情が印象的でした

約2時間半にわたったコンサート

フルートに真摯に向き合うフルーティストの皆さんの演奏をたっぷり聴かせていただきました

岩下先生・陸くん、そして門下生の皆様
ありがとうございました

陸くん
二十歳の演奏
ステキでした









最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年3月11日 (月)

ポラーノメンバーと練習した翌日のレッスン byゆみ

ゆみです

ポラーノメンバーとの練習があった雨の日曜日の翌日はフルートレッスンの月曜日

いつもの時間にしょうこ先生のお家に伺うと、しょうこ先生の旦那様が二人の子ども達と外で遊んでいました

微笑ましい

ほっこりした気持ちで、レッスンルームに向かい、フルートを組み立ててレッスン開始…

この日は、E s  durでの基礎練…

ロングトーン〜音階準備練習〜スケールアルペジオ〜半音階の練習…などなど。

アルテを使い、久しぶりにしっかり音出しをしてから曲の練習を始めました

前日、ポラーノメンバーとの練習で決まった諸々の曲のパートをしょうこ先生に伝え、不安な曲から吹いていきました。

全部不安といえば不安ですが、その中でもトップ3の曲を見ていただきました

しょうこ先生と吹くと、何となく吹けているような気になるから不思議です

まさに、しょうこマジック

やさしいしょうこ先生は…

「大丈夫ですよ。吹けていますよ。」

とニッコリ

この笑顔にいつも励まされ、元気をいただいてきます

ホントに感謝です

ところで…

次回のポラーノでの練習は、キヨシ師匠のお家で行われるホームパーティという名前の強化練習日

このホームパーティに参加できるかどうかは、私の仕事の段取り能力にかかっています

さあ
脳と全身…フル回転の3月を乗り切ろう







最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年3月10日 (日)

6人参加のポラーノ練習 byゆみ

ゆみです

2月は逃げる…と言いますが、本当に逃げるように2月が去っていき、3月になりました

朝から雨となった3月の日曜日

夕方からポラーノメンバーで練習をしました

久しぶりに6人出席…という出席率の良さでした

Img_9849

これからやっていきたいと考えている曲を合わせて吹いてみながら感触を確かめました

当然まだまだこれから…といったところですが、感触としては良さそうです

ザッと吹いてみて、何となく合わせのポイントなどが少しわかり、これからの練習は、そこを重点的にやっていきたい

このところ、レッスンもちょこちょこ休みがち…

フルートの音もスッキリ出ず…

練習不足を痛感

必死で5人についていきました

ついていけてはいませんが、みんなで吹くのは楽しい

次にみんなで吹くのは2週間後…

キヨシ師匠のログハウスに集まります

年度末…ということで何人集まれるかはわかりませんが、しょうこ先生は参加してくださる予定です

一見、食べ物持ち寄りのホームパーティではありますが、がっつり「強化練習日」となりそうです(笑)







最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年3月 9日 (土)

美食会でのしょうこ先生の演奏に潜入 byふみよ

ふみよです(*゚▽゚)ノ

3月の初めに開催されたトキハ会館での早春美食会

こちらでしょうこ先生佳苗先生が演奏されるということで、密着させていただきました


場所はトキハ会館のローズの間。

お客様のお迎え時にウエルカム演奏。
ご歓談の最中に2回ほど25分程度の演奏。

私はプロのお二人の演奏現場を一度密着して見てみたいと思い、同行させていただきました

しょうこ先生と佳苗先生と言えば、
一緒に演奏することも多く、プライベートでもとても仲良しで息もぴったりです

数曲だけリハーサルをし、会場の響きや立ち位置を確認した後、控室に移動。


プロはこの本番直前の時間をどのように過ごすのかと興味津々でしたが
ふたりはいつものようにリラックスしてお菓子を食べたり、お茶を飲んだり(笑)

Img_9809

もちろん曲順の確認ということで楽譜を取り出し、
二人で楽譜の並びや演奏時間の確認をしたりしていたものの、緊張している様子もなくいつも通りの明るい穏やかな雰囲気


「この曲とか、選んだけど一回も合わせてないよね
「あ、そうだったね。でも、大丈夫よね

「この曲、途中から転調させるのやめようかなぁ。本番で成り行きで考えよう


などと、非常にユルいながらも、私から見ると非常に難しいことをいとも簡単にニコッと笑いながら話されておりとってもカッコイイ


早春美食会、ということで、曲目は
春の歌
早春賦

など、季節を感じさせるものから、クラッシック。そしてお客様が口ずさんでいただけるような日本の名曲等、盛りだくさん。

演奏をご依頼いただいたトキハ会館の方々からも喜んでいただけました。

マネージャー冥利に尽きます


悔やまれるのは本番の写真を撮らなかったこと

演奏中の写真はリハの写真だけしか撮ってなく・・・。

Img_9807

また次の機会があればおふたりのドレスでの演奏姿をしっかり写真におさめよう


先生方、お疲れさまでした




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年3月 8日 (金)

そして「ボヘミアン・ラプソディ」4回目 byふみよ

ふみよです(*゚▽゚)ノ

昨日の記事の続きです。

そうです。
映画「ボヘミアン・ラプソディ」ドルビーアトモスでの上映を楽しみにして行ったU子ちゃんと私ですが、機械の故障ということで、ノーマル音響でしか観れなかったというのが昨日の記事のあらすじ(笑)。

幸い、上映期間も延長となっており、
行って来ました
4回目

Img_9862


念願のドルビーアトモス


前回の「見終わってから告げられた機械の故障事件」を教訓に(笑)、
今回は、入場前にスタッフに確認

「今日は、絶対にドルビーアトモスで上映されますか?」
「機械、壊れてませんか?」


嫌な客と思われようと、いい音響で観たいという欲望はおさえられない


ま、もちろん本当に機械が故障しているのであればスタッフを攻めても仕方がないわけですが、前回のような期待の裏切られ方はしたくない。
今回も故障する可能性があるならば、先にそれなりの覚悟をしておきたいという自分へのリスクヘッジ


しかし、
大丈夫でした

ドルビーアトモスで観ることができました


音、立体的でした。
音が平面的でなく、
角度を持って体に降ってくるような感覚でした


念願のドルビーアトモス


前回、共に不満を分かち合った、隣の席だった男性や後の席にいた女性たちともこの感動を分かち合いたかった(笑)。


そして、満足したU子ちゃんと私は
「前回の故障事件があったから、敢えての4回目が実現したよね。まさかの4回目、だけどね~
と、笑いながら帰る余裕が

前回の帰宅時は動揺がおさまらず
駐車券の割引サービスをしてもらうのを忘れ、立体駐車場の出口で私が駐車券を失くしたと慌て、散々でしたが
今回はふたりとも「4回目にして初めての気づき」の内容を熱く話しながら幸せな気持ちで帰宅したのでありました。


それにしても、久々にはまった映画、でした

DVD出たら、きっと買う


まだ観ていらっしゃらない方がいらっしゃいましたら、お早目に映画館へどうぞ




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年3月 7日 (木)

映画「ボヘミアン・ラプソディ」3回目の衝撃 byふみよ

ふみよです(*゚▽゚)ノ

映画「ボヘミアン・ラプソディ」、2019年アカデミー賞最多四冠
フレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレック主演男優賞

各地でまだまだロングラン上映されていますね

ノーマル上映、応援上映と既に2回観た「ボヘミアン・ラプソディ」ですが、まだまだ感動が忘れられず、上映されているからには是非また見たい
どうせ見るならいい音響で見たい

ということで、
色々なスケジュールを調整して調整して調整を重ねて(いや、実はそれほど忙しくはない(笑))、今度は九州でも数少ないドルビーアトモスの映画館へと足を運びました

Img_9751

これで「ボヘミアン・ラプソディ」3回目(笑)

ドルビーアトモスとは、(公式サイトによると)
「音声オブジェクトと天井スピーカーという映画音響にとって重要な2つの概念を導入することによって、力強い、移動するオーディオを実現します。これらが相まって、サウンドトラックがどのように作成されて聞こえるのかということを根本から変えます。」
というもので、
要は、新しい音響の仕組みで、とても音がよい(雑な表現ですみません

DOLBY ATMOSシアターの天井には広範囲に複数のスピーカーが設置されていて、「音の移動」を実現している。

という説明もありましたが、まさにその通りで、音に奥行きが生まれ、立体感が生まれます

映画の場面場面に合わせて、自分の周り360度の方向から音が聞こえてくるようなそんな感覚

「ボヘミアン・ラプソディ」のライブエイドのシーンを是非この音響で見たい
いや、見ておかなければ絶対に後悔すると思ったわけです。


そして上映前に流れたドルビーアトモスのプロモーション映像とその時に初体験した音の聴こえ方にワクワクしながら映画本編スタート

3回目にして初めて気づく細部の演出や、俳優たちの細かい演技や、英語表現等がいたるところに

1回目を見てからというもの、車の中ではクイーンの音楽、家で暇な時間があればYouTUBEで映画のメイキングや過去のクイーンの映像を眺めており、情報が増えれば増える程、それに比例して映画への入れ込みも深くなり、感動・興奮の度合いが高まっていきました


そして、肝心の音響ですが。。。

映画のストーリーに入り込みすぎて、音響の良さに気付かなかったのかな?
ドルビーアトモスに期待しすぎてたのかな?
別に普通だったような気がするけどな
ま、いっか
映画、とてもよかったし


と、思いつつ、エンドロール。

エンドロールの2曲も最後まで感動して聴いて・・・・
あぁ、楽しい時間が終わった・・・・と会場が明るくなった瞬間に

ひとりの若い男性スタッフが入ってきて

「本日、ドルビーシステムの機械の故障でドルビーアトモスでの上映になりませんでした」

「出口で100円返金します」

(この館はドルビーアトモス上映回は通常料金の100円増し、につき)

と・・・。

しかも、ものすごく淡々と「返金します」と・・・。

は?

なにそれ??


一気に不満が爆発するU子ちゃんと私
隣の席のお客様も、県外からわざわざドルビーアトモスでの上映が見たくてやってきたという方でして、ガッカリしていらっしゃいましたし、

私たちの後ろのお客様も「えぇぇぇ。何それ。。。おかしいと思った」と感動の涙から不満の涙へ・・・

しかし、
不満を口に出しているのは、私たち数人で、
他のお客様は、スッとお行儀よく一列に並び、静かに100円を受け取り、足早に帰っていくのでありました。

は?

ちょっと待って

は?

は?


せっかく時間調整してきたのに・・・


でも冷静なU子ちゃん。「映画はとってもよかったのにね。。。」と私をたしなめてくれて、私たちもとぼとぼと帰宅の途についたのでありました

音響への期待が大きかっただけにとっても残念な気持ちで帰り・・・・、

いや、ただ帰ってしまう私たちではなく(笑)、

「これに懲りずにまた来よう

固く誓い合いながら映画館を後にしたのでした。。。。

(明日に続く)


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年3月 6日 (水)

そして「ヴォーカルアンサンブル」発表会本番… byゆみ

bゆみです

コンパル博覧会2日目…

いよいよ「ヴォーカルアンサンブル」の発表会当日となりました

今年は初参加の人も多く、いつもに増して緊張感が感じられます。

12時に集合して、いつも通りの発声練習の後、ひと通り歌って本番を待ちました

本番直前の練習は意外にも好調

本番に向けて希望のもてる直前練習となりました

練習終了から本番までの約30分間は、みんなそれぞれに歓談

私は先生方とおしゃべり…

そして本番…

ステージにスタンバイし、緞帳が上がる…

Img_9839


「メドレー」〜「春よ、来い」〜「空高く」…

とにかく、これまで先生に教わったアドバイスを意識しながら、ひたすら集中して、ひたすら歌う…

MCも何もない15分間…

あっという間の本番終了…

出来はどうであれ、楽しい15分でした

いや…

本番の15分だけでなく、前日のリハーサルからずっと楽しい2日間でした

本番後は、先生を囲んでの楽しいお茶会

みんなでドリンクやホットケーキ、ホットサンド、たこ焼きなど…
いろんなものをつまみながら、おしゃべりをして4月からの「野バラの会」での再会に期待を寄せて解散しました

物井先生
ステキなピアノ伴奏、ありがとうございました
野村先生
楽しいご指導ありがとうございました

これからもどうぞよろしくお願いいたします

この発表会…
ふみよさんがこっそり…

見に来てくれていました

ふみよさん
ありがとう











最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年3月 5日 (火)

コンパル博覧会受講生による発表会リハーサル byゆみ

ゆみです

「コンパル博覧会」開幕

2日間にわたるコンパル博覧会…

受講生による発表会は2日目のイベントとなりますが、初日の夕方からリハーサルでした

ステージでピアノやそれぞれの立ち位置などの確認して発声練習…

「良くても悪くてもとりあえず通していきます」

で…

通して歌っていったのですが、私が「あっ」と思ったところで、指揮を振る先生の顔が一瞬反応する

ドキッ

とりあえず通します…

の言葉通りどんどん進んでいき、約13分くらいで最後の歌が終わる…

曲の出だしが揃わず元気もない
言葉がハッキリしない。サ行・ハ行はもっと子音をハッキリと
スローテンポを歌いすぎると遅くなる。歌もピアノも気をつけて
「春よ、来い」の〇〇と〇〇は、しっかり指揮を見ないと合わない。指揮を見て
言葉をただ歌うのではなく頭で意味を考えて歌うこと
視線を下げない  客席の一番後ろに向かって歌う気持ちで

出てくる出てくる

軽く終わるつもりのリハーサルがみっちりレッスンでした

それでも笑いが絶えないのは先生のキャラなんですよネ

ピアノ伴奏にもガンガン要求を出していたけどトゲがなく何を言われてもみんなつい笑っちゃう(笑)

最後に熱のこもったリハーサルという名前のレッスンを終えて談笑しながら解散しました

さあ、明日は本番です

皆さん、よろしくお願いいたします











最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年3月 4日 (月)

「和楽器アンサンブル息吹」 byゆみ

ゆみです

「和楽器アンサンブル息吹」の演奏会に行きました

フルートの岩下先生、ヴァイオリンの朝来桂一さん、チェロの辛島慎一さん、ピアノの後藤秀樹さん他、筝や尺八、ベース、打楽器、ドラム…などなど…和洋いろいろな楽器の競演

それにソプラノの西谷英恵さんの美しい歌声が加わり、華やかな世界が広がりました

曲は、「鶴崎小歌」や国東地方でマテ貝を突く時に歌う「マテ突き唄」津久見市に伝わる「扇子踊り」など、盆踊りや仕事唄として愛唱されている曲がアレンジされていて、新鮮な演奏が面白かったです

2部は…

単弦の幸 燦さん、二胡の許 朝季さん、テノール歌手の楊 承華さん、ポップ歌手の王 曼妮さんなど…

大分市の友好都市中国・武漢からのゲストの皆さんによるステージでした


3部は、再び息吹の皆さんによる演奏だったのですが、アンコールが…

ナント

「関の鯛釣り唄」

「ハァ  ヤンサのゴッチリ ゴッチリせんどう  ブリかな タイかな  タイじゃいタイじゃい」

を「客席の皆さんもご一緒に…」とのお声かけが…

これ…ポラーノのレパートリー

うれしくて、私は自信を持って唱和させていただきました








最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年3月 3日 (日)

「ヴォーカルアンサンブル」最終日でした byゆみ

ゆみです

昨年の10月から楽しんできたコンパル講座「ヴォーカルアンサンブル」の最終日でした

開始前にコンパルホールの担当者が、講座最終日のあいさつをした後、いつも通りの発声練習から始まりました

発声練習の後はさっそく本番で歌う順番に歌っていきました

まずメドレー曲…
1曲目の「箱根八里」はとにかく元気に勇ましく…そして次の「花かげ」はグッとテンポを落としてやさし・さびしげに…
この「花かげ」の歌い出しが毎回うまくいかない…
「十五夜お月さま  ひとりぼっち〜〜〜」

ピアノ…小さく…音楽が立ち止まらないように歌うのが難しく、今までオーケーが出たことがない

次は元気印の「鯉のぼり」
「いらかの波と雲の波〜〜〜」これは得意かも

次は「背くらべ」…これも難しい
「柱の傷はおととしの〜〜〜」この出だしが「花かげ」同様オーケーが出たことがない…

メドレーの最後は「みかんの花咲く丘」…
これは、まあまあかな…

そんなこんなでメドレー曲が終わり…

「春よ、来い」

ユーミンの名曲

あわき光立つにわか雨〜〜〜

タタタタ …   の部分の言葉のリズムがなかなか合わず、これも一度ではOKが出たことがない…
特に2番の「君にあずけし我が心は」の「あずけし」が難しい

最後の曲は「空高く」
これは、とにかく聞いてくださる方に高い空がイメージできるように歌うことがポイント

最後の練習ということで、ちょっと真剣な先生(笑)

でも歯切れよく歌えていない部分では…

「なんか羊羹がスパッと切れてないなぁ。羊羹が潰れないようにスパッと切るように出しましょう。」

など…随所で爆笑

どの曲も仕上がった…とはいえない最終日となりましたが、3日後の発表会ではしっかり歌いましょう

今回の発表会は初参加の方も多い…
みんなで楽しめたらいいな







最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年3月 2日 (土)

大分市ふるさとコンサート byゆみ

ゆみです

おおいた夢色音楽祭プロジェクト・別府アルゲリッチ音楽祭連携事業「大分市ふるさとコンサート」の第12回目がコンパルホール文化ホールで行われました

毎年、大分市出身の若き演奏家を迎えてのこのコンサート

今年は、ふみよさんと一緒に聴きに行きました

Img_9801


トップバッターは、フルートの佐藤花菜さん
曲は…ヴィヴァルディの「春の嵐」

二番手は、ヴァイオリンの中津留果己さん
曲は…ヴィヴァルディの「四季より〜冬〜」

三番手は、テノールの三浦大喜さん
曲は…「カタリ・カタリ」「小さな空」「リゴレットより〜女心の歌」「オ・ソレ・ミオ」

そして、休憩をはさみ四番手…ピアノの渡邊智道さん
曲は…バッハの「ピアノ協奏曲第1番ニ短調」

いずれも「弦楽・ストリング大分」の演奏との共演で、コンサートマスターは、大分が誇るヴァイオリン奏者 朝来桂一さん

指揮は、新見準平さん

ソリストとして演奏された方々お一人お一人にインタビューをされていましたが、皆さん、楽器を始めたきっかけや作品に対する思い、演奏に対する思いをご自分の言葉でしっかりと語られていました

夢・希望が詰まった演奏…
若い演奏はいいですね

さわやかな気持ちで楽しませていただきました

さらなる上達を目指して懸命に音楽を学び続ける若手演奏家の皆さんに心よりエールを送ります








最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年3月 1日 (金)

私も観ました「ボヘミアン・ラプソディー」 byゆみ

ゆみです

昨年から話題になっている映画…
ふみよさんが3回も観た…という話題作…「ボヘミアン・ラブソディー」を観ました

私は、年齢的にはクイーンを知っている世代と思うのですが…
洋楽にうとい私は、クイーンという名前は知っていても歌は聴いたことがない…

ふみよさんからは…

「クイーンは知らなくても曲は有名だし、ドラマやCMにも使われたりしてるから聞いたことある曲もあるよ」

と、言われていたのですが、驚くことに全く記憶にない曲ばかりでした

でも

でも

映画はすごかった

ヴォーカルのフレディ・マーキュリーを中心に描いた映画ですが…

音楽で出会ったメンバーが、ひたむきにひたすら音楽に向き合い、音楽を作る…

曲を作っていく中で、互いの感性や感情をぶつけ合い…


目指す音に妥協はせず、とことん追求しながら自分自身や互いを極限まで追い詰め、目指した音と出会った時の歓喜の笑顔…

ぶつかり合いながら音楽を作っていく中で、それぞれがかけがえのない存在になっていく…

波瀾万丈なフレディ・マーキュリーの人生を描いた映画ですが、クイーンって、こんなグループだったんだ…と、思い知ることができました。

ふみよさんが3回観た気持ちがよくわかります

ふみよさん、もしかして4回目もあり(笑)

私も時間が取れるのであれば、DVDではなく、ぜひもう一度劇場で観たいと思っています。








最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »