« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月28日 (木)

ピアノ未経験者が増えている…? byゆみ

ゆみです

先日、とある保育士養成校に足を運びました。

そこは、養成校としては小規模の学校ですが、ピアノ練習用の個室が10室とヘッドホンで練習できる電子ピアノが20台ほど常設されていて、学生さんがいつでもピアノの練習できるように配慮されていました。

学長さん曰く…

「以前は大半の学生がピアノを弾けていましたが、最近はピアノ経験のない学生が増えてきているんです。現場ではやはりピアノは必要だと感じ、このような環境を整えました。」

と…

その通りだと思います。

私が短大に入る頃…

もちろん昭和ですが…

入学試験の条件の中に「バイエル80番以上が弾けること」という項目があったのです。
なので、ほとんどがバイエルはもちろん、ブルグミュラーやソナチネ、ソナタを弾けていました。

で、最近の実習生を見ても、二十代の保育士を見てもピアノを弾けない人が増えているのがとても気になっていました。

家庭環境によっても、音の問題だったり、スペースの問題だったり…諸々の事情で、ピアノを習ったり、練習できるような環境ではないという学生さんも多いようです。

そんな中、養成校で「思い切りピアノを練習できる設備」が整っているというのは素敵なことです。

保育現場によってはCDを使用するためピアノ技術はそれほど重要視していない…

としているところもあるようです。

でも、やはり、いつでも身近に音楽があって、子どもと一緒に歌ったり、子どもが思い切りリズム遊びを楽しめるためには、ピアノは必要かなと思います。

口ピアノ…いわゆるアカペラで歌ったり、歌いながら遊ぶことももちろん大事なことだし、0歳や1歳の子どもさんにはむしろピアノよりも生の歌声の方が良いとは思います。

でも、4歳・5歳となってくると、前へ前へと気持ちが向かう歯切れの良いリズムで、テンポよく歌ったり動いたりというのが心地よくなってきます。
目の前の子ども達が気持ちよく動いたり歌ったりできるようにピアノが弾けた方がいい…

みんなが弾けなくても、弾ける人がいた方がいい…

と思うのですが…

保育士養成校の学生でピアノ未経験者が増えているという話は、合点がいきました。

ピアノだけでなく、いろんなこと…経験したことないことが増えているような気もします。

現場で経験を積みながら、いろんなことを覚えていってもらえるように…
先輩としては気長に寄り添っていかないと…

それにしても…

ピアノって、一昔前…ふた昔前は女の子の習い事の王道だったと思うのですが、今は何なんでしょう?

塾? スイミング? ダンスやバレエ?

習い事の選択肢も広がっているのかもしれませんね。






最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村


2019年2月27日 (水)

コモノ座さんでの演奏の一日 byふみよ

ふみよです(*゚▽゚)ノ

昨日のゆみさんの記事にあるように、
2月の最終土曜日、えり子ちゃんがコモノ座さんで演奏させていただきまして、
私は音響係を拝命

この日は一日、音楽で遊び倒した一日となりました。

まず、朝、コモノ座さんで軽くリハーサル。
本番を待つ間にゆみさんが登場

Img_9781


ゆみさん、いつも、優しい笑顔で本番前の緊張をほぐしてくれます。
差し入れのパンもありがとう


コモノ座さんでの演奏後、おいしいお食事をいただきまして、
えり子ちゃんと二人で
衝動的にカラオケボックスへ移動


次の予定まで2時間半程度ありましたので、
夕方の2時間、ふたりでカラオケ

ここで、今、私がカラオケで歌うことにはまっている合唱曲を歌ってみる
えり子ちゃんがファースト、私がセカンドサードを行ったり来たりしながら歌うはずが、
えり子ちゃん、全く歌えず
フルートでなら上手に吹けるこの曲、歌うとなると、さっぱり歌えず
カラオケの映像に登場する4名の声楽家らしき方の映像にも戸惑わされたのか、
ヘロヘロで私から叱られるえり子ちゃん(笑)。

数曲、別の歌を歌った後に、再び同じ合唱曲を
初回よりはマシになったものの、やはり歌えないえり子ちゃん
是非、次回は楽譜持参でリベンジしたいものだと心に誓った私でした(笑)。

そして、
ここで、
衝撃が

カラオケの「本人映像」の中から、ドリカムやチェッカーズの曲をさりげなく選ぶと・・・、
なんとまぁ。
このライブ映像の素敵なこと
特にチェッカーズの懐かしさ、新しさ、カッコよさ、渋さ、パフォーマンスの高さ、全てに魅了されてすっかり心を奪われた私たち

ここで新たな、ポラーノバンド部、の結成企画が浮上

私たち、いったい何を目指しているのか


そんなこんなであっという間の2時間を過ごし、再び、トキハ会館のコモノ座さんへ移動。

ここでは、来月のコモノ座さんでの演奏曲の音響チェックをさせていただきました。

Img_9790

閉店後のコモノ座さんをお借りして、演奏予定曲の伴奏CDを流しながら一通りさらいまして、
この日の全ての予定を終了しました



楽しい音楽の一日、でした。




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村







2019年2月26日 (火)

2月のコモノ座はえりこちゃん byゆみ

ゆみです

月一回のペースで続けさせていただいいているトキハ直営レストラン「コモノ座」さんでのBGM演奏…

2月の出演は、えりこちゃん

伴奏CDに合わせてのフルートソロです

Img_9799

「アメージンググレース」「オーハッピーデイズ」「ホールニューワールド」など耳なじみのある名曲をオシャレなジャズ風にアレンジした聴きごたえのあるプログラムでした

私は、前回同様、店外に置かれた休憩用のイスに座って聴かせていただきました

店外にいるのに…ソロなのに…キレイに響いてくるフルートの音色

店外には伴奏CDの音は聞こえず、えりこちゃんのフルートの音だけが美しく響き、買い物に訪れた行き交うお客様たちを振り向かせていました

今回の1回の演奏時間は約20分…
それを1時間ごとに3回…

11時半に始まって、最後の演奏が終わるのが13時50分…

休憩があるとはいえ、それは休憩とはいえず…
ほんの一瞬、ホッとする瞬間はあったとしても
すぐに次の20分の演奏に気持ちが向かい、緊張感は持続し続けます…

しかもソロ…
相手は伴奏CD…

生の伴奏に合わせるのと、伴奏CDに合わせるのは違います。相手が生演奏だと多少のテンポやリズムの揺れが生じても互いに寄り添いながら合わせていくことは可能です。
でもCDは合わせてくれません

ひたすら伴奏に合わせるのみです

先月のつのっちといい、今回のえりこちゃんといい見事に…
キレイにCDに合わせて…
しかも美しく表現されていました

伴奏CDの操作はふみよさん

これも技術…集中力が必要

店外には伴奏の音は聞こえませんでしたが、おそらく店内でお食事を楽しまれているお客様には、伴奏とフルートソロの融合した音楽が聞こえていたことと思います

えりこちゃん、ふみよさん
お疲れ様でした






最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月25日 (月)

楽器は持たずに先生の家へ byふみよ

ふみよです(*゚▽゚)ノ

フルートの先生のご自宅に伺うのに、楽器を持っていかない場合もあるふみよです


この日の目的は、フルートのレッスンを受けることではなく、
大分フルートオーケストラの担当作業の打合せ

途中から、よしこ先生も合流して下さり、前回の演奏会での一連の作業の振り返り及び、第5回となる11月の演奏会への担当作業の流れをみんなで整理しました。

Img_9735_2


そもそもしょうこ先生のお宅のPCを自分のもののように、フルオケの作業で使わせていただいていたため、データの整理等も実施。

今後の効率的な作業方法等も確認でき、
有意義な時間でした


フルオケの話がひときりついたところで、
スマホ便利使いこなし講座

みなさんの快適なデジタルライフを出来るだけサポートしますがモットーの私(笑)。

セキュリティの話や、
各種アプリの設定の話や、
便利な使い方、を、私の分かる範囲で伝授。


最後はしょうこ先生のスマホのバックアップをパソコンにとって終了


・・・、と、上の写真だけをみたえり子ちゃんから
「楽器が見えないですが・・・」
「見えないところに、あるんですよね?」


とLINEが笑。


いいえ。
この日は楽器は持って行っていません


しかし、やってみたい曲が頭に浮かびましたので、次回は楽器を持って先生のお宅に伺います
先生、よろしくお願いします






最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月24日 (日)

2週間ぶりのレッスン  byゆみ

ゆみです

先週の月曜日は仕事でお休みしたため、2週間ぶりのフルートレッスンでした

ロングトーン〜音階準備練習〜スケールアルペジオ…

といういつもの流れで音を出し、オカリナとの合奏曲を6曲を網羅しながら見ていただきました

今回、ポラーノでやろうとしている合奏曲は、聞いていくださる方もきっと一緒に歌いたくなる曲のオンパレード

私は、フルートを吹きながらもつい歌いたくなる

この日のレッスンでは、どの曲も軽く吹いていきながら、入るタイミングや、リズムを確認していただきました

そして…

合奏曲の後は、フルート二重奏曲をしょうこ先生と吹いてみました

これは、3月に計画しているポラーノのお楽しみ会用

時期的にも参加できるかどうか不透明な3月ではありますが、二重奏曲は吹いてて楽しい

この日吹いてみた二重奏曲は、「糸」と「ニューシネマパラダイス」…

どちらもいい曲なのですが、私が吹くとそっけない

メロディアスに吹けるように、レッスンの最後にいろんな二重奏曲を練習させていただきたいと思います

よろしくお願いいたします











最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月23日 (土)

みんなで合わせるのが合唱です byゆみ

ゆみです

10月から始まった今期のヴォーカルアンサンブルもこの日を入れてあと2回…

今期の課題曲の中「春よ、来い」はみんながよく知っている曲なのですが、よく知っているだけに逆に難しい

みんながそれぞれの覚え方で覚えていて、覚えているように歌っているためにどうしても合わない部分があり、何度もやり直し

先生曰く…

「私はこう歌いたい…と思うのはわかるけど、私…じゃくてみんなに合わせましょう(爆笑)

さらに…

「私が指揮をしていますから見てください
見たら合います 人を信じましょう
(爆笑)

で、みんな先生を見るように歌ったらその時はピッタリ合って先生からも合格が出ました

このまま注意点を忘れずに歌えたら仕上がっていくのでしょうが…


あとは歌詞の噛み砕きですね

一つひとつ先生に指摘されてようやく気づく…

「言われなくても察してと先生(笑)

そうですよねぇ

私たち、子どもじゃないので、もう少し自分で気付けるようになりたい…

と、自分では思っているんですよ

でも…なかなか気づけず…

先生に言われ、納得し、なせそれに気づかなかったのか

気づけなかったことが不思議になる

せめて、同じことを注意されないようにしたいものです

今期のヴォーカルアンサンブルは、長く経験されている方が何名かご家庭の事情で途中から来られなくなり、寂しいのですが、楽しみながら仕上げていきます









最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村


2019年2月22日 (金)

久しぶりに自主練に参加しました byゆみ

ゆみです

金曜日の夜…

ふみよさんからポラーノメンバーに向けて…

「明後日の日曜日の午後、キヨシ師匠の家に遊びに行きます。練習したい人は楽器を持って来てください。」

との連絡あり

そして、久しぶりに参加

私が到着した時にはキヨシ師匠、まさよさん、ふみよさんの3人が練習していました

Img_9730

私が参加できたのは、わずか1時間という短い時間…

1時間ということで…

今年ポラーノで演奏したいと思っている曲の中から特に気になる3曲ピックアップして、4人で合わせて吹いてみました

オカリナの2人は、とても上手

安定したオカリナの旋律に支えられて私も何とかついていくことができました

ふみよさんの編曲の技術も上達しており、オカリナとフルートの合奏曲のレパートリーが広がっていきそうです

3曲を練習した後は楽しいティータイム

まさよさんが、私が帰る時間に合わせてピザを焼いてくれていて…
4人でまさよさんの特製ピザを美味しくいただきました

Img_9724



ピザにはキヨシ師匠の庭で育てている菜花が鮮やかな緑色で彩られており、目でも舌でも春を味わわせていただきました

感謝感謝です

久しぶりにみんなとフルートを吹いて、美味しいピザをいただいて…

予定通りの時間にキヨシ師匠のログハウスをおいとましました

キヨシ師匠、まさよさん、ふみよさん
ありがとうございました










最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月21日 (木)

歌のお師匠さんとのコラボのためにピアノの練習 byゆみ

ゆみです

職場である保育園のイベントのため、本腰を入れてピアノの練習に励んだ1週間…

このイベントには、私の歌のお師匠さんも毎年ゲストにお招きしていて、子ども達にステキな歌声を聴かせています

問題なのは…

「お師匠さんが、私のつたないピアノに合わせて歌う」

ということ

練習せざるを得ない状況

お師匠さんを歌い詰まらせることのないように、日々練習に励み続けた1週間…


ちなみに…

お師匠さんが私の伴奏で歌うのは6曲

フェルマータがついていたり、テンポが途中で変わる曲…、子どもの動きに合わせながら歌う曲などがあり、息を合わせることがポイント

主導権を握るのは私なので、合図の送り方なども練習

お師匠さんと私は、事前に口頭で打ち合わせをしながらリハーサルを迎えました

お師匠さんは、毎年ゲストとして来てくださっているため、大体の流れなどよくわかってくださっていました

ありがたい

ただ、子ども達との合わせのタイミングはその場でないとつかめないので、リハーサルで諸々チェック…

リハーサル後も2人で打ち合わせをして、その翌日、本番となりました

9時半開始の本番…

朝6時から2時間ピアノを弾き込んで会場入り…

その後は、バタバタと動き回り、100名の子ども達を迎え…

あ…

この日は1人の子どもさんがおたふく風邪で欠席となったため、99名の子ども達を迎え…

開始となりました

そこからは2時間ノンストップ

息つく間もなく、集中し続ける

脳みそフル回転

ピアノを弾いたり、喋ったり…

99名の子ども達とその保護者の皆さんにとって最高の2時間となるように、ひたすら集中…

11時45分終了…

お師匠さんを控え室に案内して、疲れと達成感を共有…

お師匠さんとのコラボも何とかうまくいった…

毎度のことながら、お師匠さん歌いにくかったでしょうが、そこは歌の実力でカバーしてくださり…

終わった終わった…

子ども達と親御さんは、どんな感想を持ち、どんな午後を過ごされたのでしょうか…

反省点は数々ありますが…終わった…

結果はどうであれ…

文字通り全身全霊…

燃え尽きました…

子ども達、保護者の皆さん、お師匠さん、そして職員の皆さん…

どうもありがとうございました。


お師匠さんは、この後、秋に行われるオペレッタの出演者のオーディションの審査に行かれるとのことで、そそくさと会場を出て行かれました

相変わらずお忙しい(笑)







最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月20日 (水)

えり子ちゃんの練習にも潜入 byふみよ

ふみよです(*゚▽゚)ノ

最近、オカリナチームのレッスンに潜入しがちな私ですが(笑)、
先日はえり子ちゃんの練習にも潜入して参りました

(潜入ばかりせずに、自分もちゃんと練習してという声が聞こえてきそうではありますが、ここはひとつスルーさせていただきます


えり子ちゃん、数日後に控えたComono座さんでのランチタイムBGM演奏の練習です。

今回は、曲を絞って新たな挑戦ということで、ジャズアレンジのセレクトです


ひとりで練習していて、どうしてもジャズの奏法が今ひとつ上手くできないと試行錯誤していたえり子ちゃんから、

「ふみよさん、どうやったらズーズーベーベーの音が上手く出せるのか知っていますか?」

とLINEが。

「知りませんとすぐに一蹴(笑)。


ズーズーベーベー以前に(笑)、楽譜自体がとても込み入っており難易度高し

最初、楽譜を見たとき、「こんな曲、一生吹けるようになる気がしませんと言っていたえり子ちゃんでしたが、忙しい最中も時間を見つけて練習したと見えて、とても素敵に仕上がりつつありました

Img_9711

苦戦している小節は
「もう少し簡単アレンジにするため、音を減してもいいんじゃない?」と、
ついついいつもの短絡的思考アドバイスをしてみたのですが、
「楽譜がこうなっている以上、音符を省くこと自体が私には難しいんです」とキッパリ

妥協しないえり子ちゃん、素晴らしい
頑張っている人は美しい

まだまだ本番まで数日あります。

えり子ちゃんのことだからきっと本番までにはもっと仕上げてくるはず
(と、さりげなく本人にプレッシャーをかける)



私は、本番当日、いつものように音響係として頑張ります






最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月19日 (火)

指導者の一言で歌声が激変 byゆみ

ゆみです

職場である保育園の大きなイベントのために職員で本格的に合唱練習をすることがあります

この時に指導をお願いするのが私の歌のお師匠さん

といっても毎月合唱練習をするわけでもなく…


12月に指導していただいたあとは、2月のイベント前日に集まって自分たちで練習するのみ…


イベント前日…

みんな保育士なので、そこそこ声は出ているし、そこそこ歌えてはいるものの、寒さのためもあり、姿勢が悪かったり、声が落ちていたり…

12月に先生に指導されたことが忘れられているので、おさらいしながら声出し&練習

「顔のパーツを広げるように」
「響きを上に感じるように歌う」
「言葉をはっきりと」
「胸を開く」


などなど…

繰り返し歌っていると少しずつ感覚を取り戻した様子…

夜も遅かったので、ある程度良くなったところで練習を終えイベント当日を迎えました。

そして当日の朝8時40分…

合唱練習を始めたところにやってきた歌のお師匠さん…

「下がってる下がってる
「上  上
「頬骨上げて
「体の力を抜いて
「上  上
「頬骨上げる上げる


と、すかさず熱い指導

朝だというのに職員の歌声がガラリと激変

その間約3分

職員の声がガンガン響き始め…

そのわかりやすい指導と歌声の変化がおかしくてたまらず、先生の後ろで笑い転げる私(笑)

そんなに一瞬にして変わるものなのか

おそるべし指導者の力

お師匠さんに惚れ直したイベント当日の朝でした









最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月18日 (月)

再びオカリナのレッスン潜入 byふみよ

ふみよです(*゚▽゚)ノ

またまたキヨシ師匠とまさよさんのオカリナレッスンにちょっとだけ潜入してきました


・・・というのも、少し前の週末にポラーノの練習で、久しぶりにみんなに会える予定だったのですが、諸事情により急遽中止となり・・・、みんなで演奏できずになんとなくモヤモヤ・・・

オカリナさんたち、練習、進んでるかな・・・。
キヨシ師匠、また、曲をすっかり忘れてしまってないかな(笑)
などと、気になって仕方ない

すぐにキヨシ師匠にラインしてみると、その日がちょうどレッスンだとのことで、
あいにく少ししか時間はありませんでしたが、潜入して参りました


実は私自身、しょうこ先生ともしばらくお会いしてなかったため、たくさん話したいことはあったのあですが、フルートオーケストラ関連の事務連絡をササッと伝え合っただけで、すぐにレッスン開始

まさよさんは楽器を構えてスタンバイOKですが、
キヨシ師匠はゴソゴソと楽譜を探す。
その間にしょうこ先生が、「いつも何度でも」の冒頭部分をオカリナで演奏して下さり、
楽譜が見つかったキヨシ師匠がそれに続きます
キヨシ師匠の音、とってもいい
しょうこ先生のお手本にとても近い音

お手本のイメージを頭に入れた状態で演奏するっていうのはスゴイですね
お手本を聴いた直後ってスゴイ

こう吹きたいという気持ちを持って臨むことの大事さをレッスン冒頭で改めて認識させてもらいました。

Img_9709

「いつも何度でも」はキヨシ師匠が旋律、まさよさんが伴奏。
オカリナ二重奏としても成立する楽譜ですが、フルートの3パートも重なれるようにポラーノ用にアレンジしています。

曲の前半はとても調子がよかった二人ですが・・・。

そうです。
この曲、キヨシ師匠の苦手な3拍子

曲の途中で伴奏パートになり3拍目から入る部分などに、やや苦戦していたものの、
なんとか最後まで通っていました。

しょうこ先生がふたりにどんなアドバイスをするのか、もっとじっくり聞いて勉強したいところではありましたが・・・
不本意にもここで時間切れ


つかの間の潜入でしたが、
私も勉強になったレッスンでした
次回のポラーノの練習で、しっかり復習していきます




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月17日 (日)

大分フルートオーケストラ参加者募集開始です! byふみよ

ふみよです(*゚▽゚)ノ

ついに、第5回大分フルートオーケストラ演奏会の参加者募集時期となりました

先日、実行委員数名で募集要項の発送準備作業をしてきました

Img_9704

ルミエールフルートアンサンブルの先生方の生徒さんには、手渡し。
第3回・4回の演奏会に出演して下さった、生徒さん以外の方には郵送。

もうみんな手慣れたもので、あっという間に約150名分の封筒が完成しました


私が実行委員としてオケの企画運営に携わらせていただくのはこれで3回目。

少しずつ手順に慣れてきた、かな、という気がしています。


実行委員というのはとても難しくて忙しくて大変な仕事だと思っていたのですが、
実際にやってみると、
ルミエールの先生方の和やかな雰囲気の中で、
出来る時に出来る事を分担して進めていて、
仕事が雑な私も、皆さんにフォローしてもらって(笑)、楽しくやらせてもらっています。


今回のこの募集要項発送作業は、
同封する振込用紙をゆみさんが郵便局に取りに行き
つのっちが受け取り、プレ印刷し
発送するための住所録を私が整備し
実行委員Aさんがタックシールを印刷し、封筒に貼り
募集要項・参加申込書をみんなで作成・確認し
集まれるメンバーで封筒詰めし
真紀先生がまとめて発送

という手順で、あっという間に進みました。


ここから先は、参加申込書がたくさん届くのを待ちながら、
並行して、モロモロの準備作業を進めていきます


参加して下さる方も、聴きにきてくださる方も、
みんなに楽しんでいただけるようなステージが作れるようにコツコツ頑張ります








最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月16日 (土)

ポラーノ版画部、活動報告~その2~ byふみよ

ふみよです(*゚▽゚)ノ

昨日に引き続き、
キヨシ師匠によるペーパースクリーン版画体験教室を受講した時のお話です。

受講生の方が体験教室に足を運んだきっかけは、
キヨシ師匠の作品展をご覧になって、作品の魅力を知ったから、ということでした。

ペーパースクリーン版画の繊細な色の重なりはどうやって作るんだろう
作ってみたい
ただし、絵心はない
と、皆さん、ほぼ同じことを口にされていました。


キヨシ師匠曰く。
作品展を見て「いい」と思ってくれた人は2タイプに分かれるそうで、
ひとつは、「ずっと見ていたい」というタイプ。
そしてもうひとつが「作ってみたいやってみたい」というタイプ。

作ってみたいという方がいるのであれば、お教えしましょうというのが、この体験教室の主旨


3回の刷りが終了し、仕上げとして、作品にタイトルをつけましょうという段階になって
みなさんが付けたタイトルは
「如月」「Tane」「Happy」

Img_9690

季節感を大事に。今日の記念に。
今回の初心者講座が種となり、いつか芽がでるかも。
この2時間がとても楽しかった。


とのことでした

私が付けたタイトルは「Biginner」。
版画の初心者、でもありますし、春は何か新しいことを始める時期、という思いです


受講生の方の中で
もう少し先に進んでみたいということで、、
この体験教室の内容をもう少し深めた初心者コース(複数回コース)の受講を希望された方がいらっしゃいました

作品に集中して向き合う時間、を大切にしたいと

その方、最初の自己紹介の時は「絵心がないので・・・自分にできるのか・・・」と一番心配されていた方ですが、よくよく話を聞くと「色」にとても興味があるんだとか。
なるほど
ペーパースクリーン版画は、そのデザインやモチーフ・図柄だけではなく、そこに重ねた色合いが魅力の版画
複数の要素が組み合わさった一つの作品を、丁寧に、時間をかけて作る、というそのプロセスそのものに魅了されたようでした。


「ペーパースクリーン版画というのが何なのか、まずはたくさんの方に知ってもらいたい」
と、いつも言っているキヨシ師匠の想いが通じた瞬間を見せていただき、私もワクワク感を共有させてもらいました

春は間近。
皆さんも何か新しい事、始めませんか?






最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月15日 (金)

ポラーノ版画部、活動報告~その1~ byふみよ

ふみよです(*゚▽゚)ノ

ポラーノはフルート・オカリナアンサンブルのユニットとして長い間活動してきておりますが、
最近このブログを読んで下さる方から
「歌の記事も多いね」
「合唱が好きなメンバーもいるのね」
と声を掛けていただくことが多くなりました。

そうです。
メンバーの中のゆみさんとのりちゃんはそれぞれ合唱の団体に属しており、フルートの演奏と同じくらい歌うことが好き

私はこの2人のことを、密かに「ポラーノ合唱部」と呼んでおりまして、
いつか、このふたりの歌声と他のメンバーの演奏をコラボしたいと夢見ております。


そして、キヨシ師匠は「ポラーノ版画部」。
ペーパースクリーン作家としての顔をもつキヨシ師匠が、ペーパースクリーン版画体験教室を開催するということですので、私も受講してきました


場所は大分市のアートプラザの実技室。
さすがに元県立図書館とだけあって、立地もよく、天井も高い開放的な空間です。
師匠の素敵な作品がお出迎えしてくれました

Img_9666

私、初心者講座を受講するの、3回目(笑)。
今回はキヨシ師匠のアシスタント兼受講生としての参加。

アシスタントといっても、メンディングテープを切ったり、新聞紙を折ったり(笑)。

今回は、季節を意識してをモチーフにしたハガキサイズの版画を作る、ということで、
4名の受講生の簡単な自己紹介の後、

ペーパースクリーン版画とは(座学)
Img_9668


紙の選択

道具の説明・色の説明
Img_9670_2

3回(3版)の実習
Img_9679

仕上げ

その他まめ知識

片付け

の流れで進みました。

初心者コース3回目の私ですが、図柄が毎回違うので、とても楽しくできました。
自分で言うのも何ですが、ローラーを転がすやり方も、少し要領を得てきたような

アート魂、絵心は全くない私ですが、
ちょっと楽しくなってきました


この日が初対面だった他の受講者の方とのおしゃべりも楽しくて・・・、
あぁ、長くなりますので、続きは明日




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月14日 (木)

芸短声楽コース演奏会 byゆみ

ゆみです

「大分県立芸術文化短期大学音楽科声楽コース演奏会〜声の饗宴〜」が音の泉ホールにて行われました


二部構成のコンサートで…

一部が「後期実技試験成績優秀者による独唱」

短大と専攻科の一年生6名が出演…

皆さん、緊張しているはずですが、堂々と歌っていました

二部は「専攻科声楽コース学生によるオペラハイライト」

オペラといえば、男女の愛憎や不実の恋愛などをテーマにしたものが多いのですが、二十歳前後の若者が歌うと男女の愛憎もどことなく爽やか…

きっと恥ずかしさや照れ臭さも多分にあると思いますが、一生懸命に不倫や嫉妬、愛情を全身で表現しながら歌う姿は、とにかく美しかった

来年度も芸文短大でさらに学ぶ学生もいれば、卒業してプロの道を歩み始める方もおられらるでしょう。

卒業した方が、これからさらに磨きをかけて活躍されることを心より応援いたします。






最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月13日 (水)

大分県立芸術文化短期大学声楽科のOB演奏会 byゆみ

ゆみです

大分が誇る「大分県立芸術文化短期大学」

今年で第5回目を迎える「声楽コースOBによる演奏会」が行われました

Img_9663_2


場所は、音楽棟小ホール…

建て替えが進んでいるこの短大…

何度となく足を運んだこの小ホールも近いうちにお役御免となります…

立派になるのも嬉しい反面、古いところがお役御免になるのはさみしい…

ということで…

演奏会が始まりました

まずは、ヴェルディ作曲「ナブッコ」より合唱を全員で

声楽家による合唱は、私が日頃身近に聴いている合唱とは、全く異次元のもの

しょっぱなから引き込まれました

小ホールが揺れているんじゃないか…

と感じるほどの響きでした

すごかった

その後は、オペラアリア中心のステージ

モーツァルトの「フィガロの結婚」、プッチーニの「ラ・ボエーム」「蝶々夫人」、ヴェルディの「アイーダ」「椿姫」、ウェーバーの「魔弾の射手」…などなど…

有名なオペラアリアや重唱が盛りだくさん

芸短大の小ホールという質素なステージでしたが、曲ごとに花を飾ったり、ソファーを置いたりするだけで、その場面が寝室だったり、広間だったりに見えるようでした

原語で歌われているため、言葉の意味は全然わからないはずなのに…わかるんです

どういうことを歌っているのかわかるんです

歌声や表情や身体から歌の物語が伝わってくる…

素晴らしい表現力です


日本語で歌っても「意味が伝わらない」と言われる私…


声楽…学びたいなぁ

いやいや
今は無理です

仕事が中途半端になることは絶対に避けます







最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月12日 (火)

ヴォーカルアンサンブルフェスティバル byゆみ

ゆみです

コンパルホール大ホールで、「ヴォーカルアンサンブルフェスティバル」というのが行われました

Img_9662


昨年も目にして気になっていた名前…

ヴォーカルアンサンブルといえば、コンパルホール講座で私が受講している講座の名前…

なので、「なんだろう?」と、ずっと気になっていた名前でした。

で、今年も目にとまった「ヴォーカルアンサンブルフェスティバル」という名前のイベント…

場所はコンパルホール大ホール…

時間は10時から15時まで…

日曜日の昼間ということもあり、足を運んでみました


内容は、文字通り…

ヴォーカルの「アンサンブルフェスティバル」でした

大分県合唱連盟主催で、今回で20回目を迎えた「ヴォーカルアンサンブルフェスティバル」…

大分市内を中心に中学校・高等学校の合唱部や、大人の合唱団などで合唱を楽しんでいる26団体が参加し、「ヴォーカルアンサンブル賞」を楽しくねらうフェスティバルでした

いつもは部員・団員でステージに乗っている合唱団・合唱部の皆さんですが…

これには、小編成に分かれてユニット名をつけて参加されていました

ポラーノののりちゃんが所属する合唱団も参加

のりちゃんの合唱団…

今回はトップバッターで、いつもながらのさわやかに重なる歌声を披露してくださいました

審査員は…

声楽家の林満理子先生
チェロ奏者の辛島慎一先生

26団体の演奏後、約30分ほどの休憩を挟んで結果発表となったのですが…

その30分の待ち時間は、大分県合唱連盟の理事で声楽家の新見準平先生によるお楽しみタイム

みんなで「ふるさと」を合唱したり、即興で「群青」や「大地讃頌」を合唱したり…

「群青」「大地讃頌」は、即興とは思えない完璧な合唱となり、大感動&大興奮でした

即興でピアノ伴奏をしてくださったのは、この日、合唱団員として出演されていた後藤秀樹先生

後藤秀樹先生…

本来はピアニストですが、最近は指揮をされたり、合唱団で歌われたり…

どんどん活躍の幅を広げておられます

そして何をしても上手でサマになるんですよね

うらやましい…

ヴォーカルアンサンブルフェスティバル…

全部を聴けたわけではありませんが、出たり入ったりしながらいろんな合唱団の歌声を楽しませていただきました

入賞したりしなかったり、結果はそれぞれですが、歌っているみなさんの楽しそうで、晴れやかな表情はどれも金賞でした

「ヴォーカルアンサンブルフェスティバル」って、真剣なんだけど、楽しくって…

参加する側も見る側も心地よく楽しめるフェスティバルでした








最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月11日 (月)

月刊ピアノ2月号を買いました byふみよ

ふみよです(*゚▽゚)ノ

月刊ピアノ2月号、買いました

New3


昨年の夏にえり子ちゃんと託児所へ演奏に行くことが決まった時に、
いい楽譜はないかなぁと、えり子ちゃんが持っていたたくさんのバックナンバーを見てせてもらって以来、本屋さんに行くたびにチェックしていた本です。

気になる曲が2曲以上入っていたら、即買い

なぜ2曲なのかというと・・・
この本、出版がヤマハですので、
ぷりんと楽譜で1曲ずつ買えたりもするんです。心惹かれる曲が一曲だけなら、ネットで買った方がお得かなと

楽譜はデータで保管したい派の私は、データ買いできるのは魅力、ですが、楽しい連載や記事も魅力で、時々購入しています。

今回、表紙の
「ボヘミアン・ラプソディ」
という文字が目に飛び込んできて、即買い
まだ映画「ボヘミアン・ラプソディ」を引きずっている私(笑)。

ピアノはなかなか上手には弾けませんが
頭の体操として、時間がある時は練習してみよう、と、思っています。

早速、帰ってボヘミアン・ラプソディーのバラード部分「ママァ~の所を弾いてみて、
改めてキレイな曲だなぁと再び映画のことを思い出し・・・

ついついタブレットに手が伸びて、

クイーンの動画を見てしまい・・・

あっという間に時間が経ち、

ピアノそのものの練習はなかなか進まない(笑)


ま、想定内、ですね



ピアノもまだまだ修行が続きます








最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村










2019年2月10日 (日)

応援上映!映画「ボヘミアン・ラプソディ」 byふみよ

ふみよです(*゚▽゚)ノ

昨日の記事に書いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」

友人U子ちゃんとの帰りの車の中。
興奮の醒めない私たち。

「あの頃、私はこーだった。あーだった」
「フレディ・マーキュリーが亡くなった時のニュースを覚えている
「あの曲はあの番組で流れていた

だの
「ウィ・ウィル・ロック・ユーは、ズンズンチャ、ズンズンチャ、したかったよねだの
「レディオガガ、踊りたくなっただの
おしゃべりが止まらない。


しかし、見に行った日が平日で、しかも朝一番の上映回だったこともあるのか、
観客はまばらで、
一人で来ている人がほとんどで、
スーっと会場に入ってきて、スーッと帰る。
とても静か。
とてもお行儀がいい。


ライブで味わう観客との一体感や自分自身が拍手したり歓声を上げたりすることの昂揚感が味わえなかったU子ちゃんと私は、なんとなく不完全燃焼。

そこで、
ググりました

ありました
大分にも

応援上映
ボヘミアン・ラプソディ胸アツ応援上映

皆さんご存知ですか?
応援上映。

映画の上映中に、拍手OK 手拍子OK 発声OK
の、特別上映回という新しい映画鑑賞スタイル。
作品の感動や興奮を会場で共有できる、楽曲をライブ感覚で楽しむことができるスタイルです。


そうと決まれば話は早い

U子ちゃんと、一旦解散し、各自の仕事・用事を済ませ、夕方、再集合

今度は少し遠くの映画館へ

1日に「ボヘミアン・ラプソディ」、2回(笑)。

Img_9629


夕方とあって、お客さん、多め。
朝と違って、二人連れ、多め。

私たちのようにリピーターの人で、敢えてこの応援上映回を選んできた、という人が多いはず。

映画が始まってすぐに、スクリーンに英語の歌詞が表示されることを発見
朝の普通の上映回にはついてなかった歌詞字幕
これは嬉しい

大きい声で笑っている人もいるし、
拍手してる人もいるし。
楽しい

といっても、さすがに県民性なのか、非常におとなしめの応援上映ではありましたが
U子ちゃんと二人、歌ったり手拍子したり拍手したり、気兼ねなく、リラックスして楽しんで参りました

私たちより前方に座っていた方はおとなしめ、でしたが、
後方に座っていた方々は、盛り上がっていたようでした。
きっと視野に入る私たちの手拍子等が盛り上がりの触媒的要素となったことでしょう(←本当か?(笑))


映画の楽しみ方も色々なスタイルが出てきたんですねぇ。

他の映画館では、この「ボヘミアン・ラプソディ」、Dolby-ATMOS上映をやっているところがあります
Dolby-ATMOSというのは、調べると、天井に複数のスピーカーが設置されており、音の移動を実現させている、とのことで、音に奥行きや深みが出るらしいです。
簡単に言うと、音響がとてもよい
ということですね。

さ。
いつ行こうかな。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月 9日 (土)

映画「ボヘミアン・ラプソディ」 byふみよ

ふみよです(*゚▽゚)ノ

みなさん、ご覧になりましたか?
話題の映画「ボヘミアン・ラプソディ」

Img_9634

昨年の11月9日に公開されて、大ヒットとなっている映画

大学生の息子は、公開直後に複数回見に行ったということで、
年末年始に帰省した時に、
「まだ見てないの?」
「絶対劇場で見るべき

とパワープッシュされており、やっと友人U子ちゃんと見に行って来ました

映画館、とても近くにあるが故に、いつでもいけるという思いから結果的に行きそびれる、ということが多々ありますので、今回ばかりは見逃すわけには行かないと
朝一番の回で見てきました。


「ボヘミアン・ラプソディ」とは、私が言うまでもありませんが、世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記映画。

クイーンの大ファンだった方はもちろん、よく知らない、いや、むしろ知らない方でもとても楽しめる映画でした
伝記、というか、完全コピー?完コピ??いや、むしろ、これ、ホンモノ?と思えてくるくらいキャストの、背景の再現度が高く、
映画を見ているというより、ライブに行ったかのような気持ちになる映画

クイーンのその曲が流行った時期の自分の状況等もフラッシュバックしてきて、色々な想いや時代背景を振り返りながらとても懐かしい気持ちになりました


・・・とまぁ、私世代の人間が、この映画に魅了されるのはすごくよくわかるのですが・・・、
どうもこの映画、10代・20代の若い層にも非常に人気があるのだとか
確かに私の息子も21歳。
彼はリアルなクイーンを知らない世代。
「親がよくクイーンを聴いていたから知っている」とか
「親とこの映画を見に来て魅了された」とか、様々な若者の声が挙がっているようですね。
多分息子は、CMやテレビの挿入歌等で聴いていたクイーンの歌を、ある日(多分彼が中学生くらいの頃だと思うのですが)Youtubeで見つけ、その音楽性に魅了されたのがきっかけでよく聴くようになっていたように思います。
洋楽全般が大好きな息子のことゆえ、きっとクイーンについては私よりも詳しいはず。
いまどきのフェスやライブもたくさん経験している彼らの世代が、この映画のリピーターになっているわけで、
音楽ってすごい
ほんものってすごい

心の中でつぶやきながらスクリーンを見つめていました。


映画のコピーに「魂に響くラスト21分・・・」という言葉がありまして、
まさにその通り。

もう、やばい(←語彙力(笑))

歌いそうになる。
手拍子したくなる。
拍手したくなる。
イエーーーーイって言いたくなる。


楽しい時間でした




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月 8日 (金)

第5回大分フルートオーケストラ演奏会の曲が決定‼️ byゆみ

ゆみです

まだまだ先のことですが…

今年の11月に行うことが決まっている「第5回大分フルートオーケストラ演奏会」の実行委員会を行いました

Img_6325

1番の議題は演奏曲を決めること

前回の実行委員会でほぼ候補曲は絞られていましたが、
この日の会議で決定となりました


さてさて…

演奏曲は、当然、実際に吹いてみて決めます…

皆さん、その日に渡された楽譜を見て、初見でどんどん吹いていきます

ステキ

私…

一応フルートを組み立て…

構えましたが、半分はエアーでした

私がフルートを組み立てた意味はあまりありませんでしたが、皆さんのおかげ全曲決定しました

今月中に発送予定の「募集要項」で詳細を掲載します


皆さま

どうぞよろしくお願いいたします







最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月 7日 (木)

今後のポラーノの活動のために byゆみ

ゆみです

立春です

2月とは思えない暖かい月曜日…

2週間ぶりのレッスンでした

この日、見ていただいたのは、ポラーノでこれから演奏したいなぁと候補にあがっている曲

その中の「いつも何度でも」は…

「いつから練習しているんだろう

と、思い出せないくらい前から練習している曲…

練習はしていますが、まだ日の目は見ていない曲…

もともとフルート三重奏にアレンジされた曲ですが、さらにオカリナとも合奏できるように、ふみよさんがさらにアレンジ

これ…

何年経っても…

私にとってはやっぱり難曲…


でも、「ポラーノ全員による合奏」という新たな形で生まれ変わろうとしているこの曲…

今年こそお披露目できるようにがんばります

この日のレッスンでは、この曲はもちろん、他の曲も軽くみていたどきました


近いうちに集まれるメンバーで練習する予定のポラーノです

今年演奏したい曲をみんなで吹いてみる予定です


ワクワク
ドキドキ

吹けるかなぁ







最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月 6日 (水)

力を入れているのはあなた自身 byゆみ

ゆみです

先日、とある一流ソプラノ歌手の公開レッスンを拝聴

受講者の方々は声楽を専門に学ばれている方々なので、ど素人の私から見ると、何もいうことのないほど完璧な歌声だったのですが、細かく細かく具体的な指導が入り、ものすごい緊張感の中でのレッスンが続きました。

受講者の方々の緊張も想像つかないレベルのものだったと思いますが、講師をされた先生も「一流のソリストになってもらいたい」そして「一流のソリストになれるように」との必死の思いが伝わってくる熱いレッスンでした

そして、受講者の皆さんのレッスンが終わり、聴講者も参加できる「質問コーナー」の時間を、もうけてくださいました

一斉に手が上がり、一人の方が指名され質問されていました


「喉に力がはいってしまうのですが、喉の力を抜くのにはどうすればいいですか」

あっ
それ
私も聞きたい

と身を乗り出す…

先生は、頭や首・肩などを動かしながら…

「こうやってほぐせば力が抜けやすくなりますよ…というのは言えるけど…わからない…      私はあなたのことも知らないし、力を入れているのは私じゃなくてあなた自身だからね…   今日の公開レッスンの中でもヒントがたくさんあったはずだから、いろいろやりながら声を出してみて。」

と一言言ってにっこり

「力をいるのは私じゃなくてあなた自身」

はい
その通りです

その言葉…そっくり私に当てはまります


力が抜けず、喉にフタがされたような発声から抜け出したいけど、自分の中にしか答えはないんだなぁ…


フルートでも「喉を開ける」は未だに課題です


「力を入れているのはあなた自身」

忘れられない…この言葉









最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月 5日 (火)

合唱曲の仕上げ期に入りました  byゆみ

ゆみです


10月開講のコンパル講座「ヴォーカルアンサンブル」もこの日を入れて、今期残り3回となりました。

今期の課題曲は…

「卯月・皐月・水無月のメドレー」
「春よ、来い」
「空高く」

の3曲…

「卯月・皐月・水無月のメドレー」の中に「箱根八里」「花かげ」「鯉のぼり(いらかの波と雲の波〜)」「背くらべ」「みかんの花咲く丘」が入っています

元気にはつらつと…
さみしげに…
やさしげに…

などなど、それぞれの曲調があります。メドレーは、ちょこっとの間奏の間に気持ちを切り替えて、次の準備が必要です

それが難しい

先生からは…

「2小節めくらいからやっとのってくる。曲の歌い出しが大事ですから、間奏の間にしっかり準備をしておく  準備が遅い

と、何度も歌い直し

「鯉のぼり」の歌を「い〜ら〜か〜のな〜み〜と〜   く〜も〜の〜な〜み〜」と歌い始めると…

「ストップ  それは団地サイズだな。全然勇壮な感じがしない

ふむふむ(爆笑)

で、歌い直すと、その時はうまくいく

メドレーを通して歌っても曲の出始めから歌えるように…

これは訓練しかないですね


メドレーはもちろん…「春よ、来い」も「空高く」もまだまだ仕上がりには程遠い…

あと2回の練習で7〜8割は仕上げたい

先生からの細かなアドバイスを忘れないように車の中で練習します







最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月 4日 (月)

シニアのピアノ練習 byふみよ

ふみよです(*゚▽゚)ノ

母。オーバーエイティ、ですが、昨年末からピアノ、練習中です
ピアノといってもキーボードですが

年末に、本屋さんで、たくさんある大人用のピアノ教本の中から母に合うと判断したこちらをチョイスし、

Img_9448


練習の進め方を伝えておいたところ、日々、時間を見つけて練習しているとのこと。

元来凝り性な彼女。
集中すると1時間くらいすぐに経っている、らしいです


それにしても、本屋さんには本当にたくさんの種類の大人・老人ターゲットのピアノ練習本がありました。

音符が大きく、
知っている曲で、
階名や指使いも書かれてあり、
歌詞もついています。

もちろん随所に、
音符の読み方や拍子の取り方等のノウハウも書かれてあります。

懇切丁寧

家に、子供が使っていたピアノが眠っている家、たくさんあると思います。
先日、バッタリ会った友人も、「ピアノいらない?うちのピアノ、譲るわ~。もう誰も弾かなくて邪魔なんよぉと、言っていたなぁ。
しかし、眠らせておくのはもったいない

是非、一度大人向けの教則本を見てみて下さい

脳トレになりますよぉ


ということで、うちの母は、1か月に1曲マスターすることを目標に頑張っていくそうです

有言実行でえらいっ

一方、私はというと、このブログにも書いた新年の目標の1つ「一日一善」がなかなか実行できず・・・、いや、というか、一善のハードルを下げまくり。
「今日はダンボールをリサイクルゴミに出した」などと、人が聞いたら「それは単なる家事やないかぁいと突っ込まれそうなことや、
「今日はポラーノで演奏するアンサンブル楽譜を作った」「それは単なる趣味やないかぁいと突っ込まれそうなことしかできていない日々・・・。
今の私のできるささやかな一善は「慰問演奏」。
私も母に負けずに練習しないとなぁと、母の姿を見ながら自省するのでありました





最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村


2019年2月 3日 (日)

レッスン行けませんでした byゆみ

ゆみです

月曜日

フルートレッスンの日

朝からフルートと楽譜を車に積み込んで、勤務後すぐにレッスンに行けるように準備万端

月曜日だけは定時に職場を出ます

この日も当然そうするはずでした…

が…

仕事をしていると予期せぬことが起きるものです

夕方から急な打ち合わせ会議が入り…

1時間で終わると思っていた話し合いが1時間では終わらず…

時間ばかりがどんどん過ぎていき…

「もう間に合わない」と観念して、しょうこ先生に泣く泣く連絡…

仕方ない

こんな日もある

しょうこ先生に連絡した後は、開き直り…気持ちを切り替えて話し合いに専念して、とことん仕事をして退勤しました








最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月 2日 (土)

おかあさんコーラスフェスティバル byゆみ

ゆみです

暖冬だったこの冬に突然冬将軍がやってきた日…


「おかあさんコーラスフェスティバル」が行われました

今回で35回目を迎えた「おかあさんコーラスフェスティバル」

今回は33団体が参加

1団体が終わるたびに講師のコメントがもらえるのですが、今回の講師は昨年に続き、鈴木ながこ先生

関西在住の声楽家です


出だしが大切
メゾフォルテで歌い出す時はドアを蹴破るように歌い出せ
言葉をもっとハッキリとそのためには子音をハッキリと時間をかけて
歌うように語れ  語るように歌え
クレッシェンドよりもディミニュエンドは難しい   ディミニュエンドが上手に歌えるように
ソプラノ・メゾソプラノ・アルトと三声で歌いますが、どこかのパートが1つだけ上手でもダメ。三声それぞれがしっかり歌えないといいハーモニーはできない
ソプラノがうるさい
アルトはもっと主張して

などなど…

的確なアドバイス

このフェスティバルには、私の歌のお師匠さんが指導する合唱団が2つ、それとポラーノののりちゃんが所属する合唱団も出演していて…
それに伴奏ピアニストも知っている人がチラホラ

私にとっては見どころ満載

この日は仕事も入っていたため全部聴くことは出来ませんでしたが、お師匠さんの合唱団とのりちゃんの合唱団、そしてその前後の聴きたい合唱団の歌声はしっかり楽しませていただきました

楽しいフェスティバルでした

大分県合唱連盟の皆さま
出演された合唱団の皆さま
鈴木ながこ先生
ありがとうございました







最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2019年2月 1日 (金)

天気が回復したのですぐに集合 byふみよ

ふみよです(*゚▽゚)ノ

大分でも珍しく雪の降った日、昨日のゆみさんの記事にもあるようにポラーノの初練習の予定でしたがやむなく中止・・・。

しかし
翌日は見事に天気が回復し、
キヨシ師匠から「いい天気だよ~」とこの写真が送られてきました。

Img_9569

キヨシ師匠の家から見える見事な景色。
綺麗な由布岳。


これは行くしかないと、すぐに車を走らせまして、
キヨシ師匠・まさよさん・私で練習しているところに、
えり子ちゃんが合流

まずは、今年のポラーノの課題曲を4重奏

今年の課題曲の中にはオカリナで演奏するには難しいと思われる♯5つの曲があり、少し不安な気持ちで楽譜を配ってきていましたので、この日、4人で初合わせをしてみました。
えり子ちゃん到着前に、楽譜はさらっておきましたので、初回にしては、なぁんとなくではありましたが曲が通った感じでした。
オカリナで吹くには運指が難しい小節、音程に特に注意する小節、が明確になりましたので、ここを中心に個人練習していただけば、多分、次回の練習ではもう少しクオリティが上がるはず

他にもあと2曲。
えり子ちゃんのピッコロパートが、オカリナの旋律に絡んでいくような作りのさだまさしさんの「案山子」他、1曲を合わせてみました。
やはり、人数が多くなればなるほど難しさは増す、けど、楽しさはそれ以上に増す
難しさが増すということは、これから練習して上げていく楽しみも増すわけで
今年は早めの練習開始ということもあり、自分でも今後が楽しみです

一通り練習した後は、

まさよさんが作ってくれたチョコレートケーキを食べながら、
えり子ちゃんが最近買った楽譜本の模範演奏CDをみんなで聴いてみたり、
キヨシ師匠とまさよさんの近未来の展望、
えり子ちゃんのポラーノ加入経緯振り返り、
私の老後の野望(笑)
などを喋りつつ、
まったりとした休日の午後を過ごしました

Img_9565


次の練習まで、個人練習頑張ります



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »