« ふみよさんとレッスン byゆみ | トップページ | アルゲリッチ音楽祭「公開ヴァイオリン・マスタークラス」 byゆみ »

2016年5月17日 (火)

少しずつ歌えるようになるのが面白い byゆみ

ゆみですsmile

5月12日木曜日notes

「野バラの会」の3回目でしたnotes

「花の街」と「365日の紙飛行機」の他に…

森山直太朗さんの「さくら」と
カーペンターズの「シング」の楽譜をもらいましたnote

前半はおさらいで、「花の街」と「365日の紙飛行機」を歌いました…。

3回目なので、大分、ハーモニーの音は取れるようになったものの…まだまだ無表情ですねsweat01sweat01

仕上がりには程遠いけど、新曲も合わせて練習を始めましたnotes

まず、森山直太朗さんの「さくら」

難しいsweat01sweat01

今日は、3分の1までいつまたところで限界sweat01sweat01

音もリズムも難しいcoldsweats01

みんなが、ふぅふぅ言ってて たら、野村高子先生曰く…

「今日初めてですからね。1回で歌えたら面白くないですよ。1回で歌えたらプロになれる。少しずつ少しずつ歌えるようになるのが面白いのよheart01

ホントsign03
その通りですねheart01

少しずつ正確に歌えるようになって、言葉の意味を感じながら歌えるようになったら快感ですよねlovely

一歩一歩…note


雑談で…

国内外のオペラ歌手の話になり…

体格と歌声の違いについて盛り上がりました。

身体が楽器ですから、ピッコロとバスフルートが違うように歌声の響きも違うのかな…

そういえば…
以前、何かで…

身長で大体の音域が予想できる…という話もきいたことがあります。

絶対ではないと思うけど、そういう傾向があるのは何となくわかる気がします。

「高音域をもう少し出せるようになりたい」と思う今日この頃ですnote







最後まで読んでいただいてありがとうございます。
よろしければクリックお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« ふみよさんとレッスン byゆみ | トップページ | アルゲリッチ音楽祭「公開ヴァイオリン・マスタークラス」 byゆみ »

ゆみ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1980532/65487684

この記事へのトラックバック一覧です: 少しずつ歌えるようになるのが面白い byゆみ:

« ふみよさんとレッスン byゆみ | トップページ | アルゲリッチ音楽祭「公開ヴァイオリン・マスタークラス」 byゆみ »